コラーゲンの意味

コラーゲン【collagen】
 
<用語解説>
コラーゲンとは
コラーゲンとは、皮膚や靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質の一つで、身体を構成するタンパク質の約30%にあたる。皮膚では真皮における主要なタンパク質でコラーゲン線維のもとである。
コラーゲンについて
〇コラーゲンは身体構成の主要なタンパク質
コラーゲンは、細胞外基質の主要成分であり、全ての臓器や組織全体に広く存在します。
私達の身体の20%はタンパク質でできていますが、身体の約60%は水で占められているため、残り40%のうち半分がタンパク質ということになります。身体に占める割合が大きく、身体を構成する重要な物質であるタンパク質の主要成分がコラーゲンなのです。

〇身体内のコラーゲンのうち約4割は肌にある
身体にあるタンパク質のうち約30%はコラーゲンです。さらに、そのコラーゲンの約40%は皮膚に存在し、肌にハリ弾力を与え、丈夫でしなやかは肌を保つために重要な働をしています。

〇コラーゲンを作り出すもと
コラーゲンは、線維芽細胞によって産生されます。その線維芽細胞を生み出すもとが真皮幹細胞です。線維芽細胞を活性するため、真皮幹細胞に着目した研究が進んでいます。

〇コラーゲンは29種類
コラーゲンは一種類だけではありません。現在(2018年時点)までに、I(1)からXXIX(29)までの29種類のコラーゲンが見つかっています。発見順に、I型、II型、III型~、あるいは Type I、Type II、Type III~とローマ数字を付けて区別します。全てのコラーゲンの詳細はまだ完全にわかっていませんが、それぞれのコラーゲンは異なる役割をしていると考えられ、構造に基づいて、線維形成コラーゲン、膜形成コラーゲンなどといくつかのグループに分けられます。

I型は最も一般的なコラーゲンで、ほとんどの結合組織に存在します。全コラーゲンの90%がI型、あるいは、I型、II型、III型、V型、XI型で占められるとも言われます。I型は特に、皮膚、骨、腱に多く存在します。

〇皮膚でメインの I型、Ⅳ型、Ⅶ型
29種類のコラーゲンのうち9種が肌に存在しますが、中でも、I型はコラーゲン線維、IV型は基底膜の主要なコラーゲンです。そしてVII型は、表皮と真皮を結びつけるコラーゲンです。
用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(118)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(124)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(221) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(30)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(27)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(116) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.