シクロメチコンの意味

シクロメチコン
 
<用語解説>
シクロメチコンとは
液状で無色透明、水を寄せ付けず吸収性や揮発性が高い揮発性油分。
もっと詳しい「シクロメチコン」
シクロメチコンはシリコン誘導体としてよく知られています。環状ジメチルシロキサン化合物で鉱物オイルの一種であり、無色透明の液状オイルで、水を寄せ付けず、肌に密着し、温度変化にも安定した揮発性のエモリエント成分でもあります。
揮発性が特に高いものはエアゾールなどの制汗剤によく利用されます。
揮発性がそれより低いものは、他の成分との組み合わせで様々な化粧品に利用され、例えば、細かいしわを目立たせなくする被膜形成成分として使われます。また、日焼け止め耐水性やサンドプルーフ効果、口紅の落ちない・にじまないといったロングラスティング効果、毛髪のコンディショニング効果などのために利用されます。


●表示名称とINCI名
【表示名称】シクロメチコン、【INCI名】CYCLOMETHICONE
用語のカテゴリー

全般

全般(140) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(129)
組織・団体(29) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(32)
表示(87) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(121) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(20) 健康食品(21)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(63)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(99) パッケージ(45)
その他(16)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.