ピールオフマスクの意味

ピールオフマスク
 
<用語解説>
ピールオフマスクとは
ピールオフタイプとは、ゼリー状やペースト状剤型の中身を肌に塗布し、乾いたらはがすタイプのマスクのこと。ピールオフパックともいう。
ピールオフマスクの種類や使用法
〇ピールオフマスクの種類
Tゾーン用と全顔用があります。ピールオフマスクは、集中的に保湿するなど塗布中の効果だけでなく、乾いてからはがす時にマスクに付いた古い角質や毛穴につまった汚れなども一緒に取り除く効果もあります。その作用を特に生かしたものがTゾーン用で、Tゾーンの毛穴の黒ずみや小鼻角栓を除去するタイプが主流です。全顔タイプは、マスクが乾いていくにつれ、シワが伸びるような肌がぴんと張った緊張感が感じられます。

〇ピールオフマスクの使い方
乾いたマスクをすこと自体が肌に刺激となるため、多くのピールオフマスクが週1-2回の使用となっていますが、肌への密着度合いは製品により様々で特に刺激も痛みも感じずはがせるソフトなタイプもあります。しかし、Tゾーン用の角栓を除去するタイプは強力なので、顔全体には決して使わないようにしましょう。
ピールオフマスクは慣れないと肌に塗るのが難しく感じることがあります。肌に塗布しているそばから乾いていくのでちょこちょこ塗るのではなく、肌に一気に伸ばすように塗布することが大切です。使用量や肌への塗り方などは各メーカーや製品の使用法に準じることが第一ですが、例えがチューブ入りの全顔用の場合は、指に3cm程度を出したら一気に肌に伸ばすように塗り、また3cm程度を出したらそこにつなげて一気に伸ばすように塗る、というのを4回に分けて行うくらいが目安です。完全に乾いてからはがします。
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(129)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(135)
組織・団体(44) 資格(6)
海外(35) 新語(8)

原料・中身

成分(227) 技術・処方(89)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(40) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(97) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(3) スキンケア(122)
ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
UVケア(38) ボディケア(10)
ヘアケア(65) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(78) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(98)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(51)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
印刷(8)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.