化粧品公正取引協議会の意味

化粧品公正取引協議会【ケショウヒンコウセイトリヒキキョウギカイ】
 
<用語解説>
化粧品公正取引協議会とは
化粧品公正取引協議会とは、化粧品の表示に関する公正競争規約を運用するための機関のこと。昭和47年2月に公正取引委員会の承認を受け、設置された任意団体で、「化粧品の表示に関する公正競争規約」第13条の規定に基づき、規約内容の周知徹底や規定違反の事実調査などに関する事業を推進している。

「化粧品公取協」と略して呼ばれることもある。
<組織・団体の関連用語>
  • ISO
  • CASナンバー
  • 日本香粧品学会
  • 日本化粧品技術者会
  • 化粧品工業連合会
  • 日本化粧品工業連合会
  • FDA
  • CTFA
  • IFSCC
  • 粧工連
  • JAFCA
  • インターカラー
  • ICID
  • HQ
  • BVP
  • 米国化粧品工業会
  • アットコスメ
  • 日本ヘアカラー工業会
  • 日本化粧品検定協会
  • CAS登録番号
  • 日本輸入化粧品協会
  • 日本石鹸洗剤工業会
  • 米国パーソナルケア製品..
  • 化粧品公取協
  • IFSCC大会
  • 日本流行色協会
  • PCPC
  • 化粧品公正取引協議会
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(118)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(124)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(221) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(27)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.