使用性の意味

使用性【シヨウセイ】
 
<用語解説>
使用性とは
その化粧品の使いやすさのこと。
もっと詳しい使用性
その化粧品を使う人それぞれの使用環境や使用場面における使いやすさ・扱いやすさを使用性と言います。
パッケージからの容器の出しやすさ、能書の読みやすさ、容器のデザインや大きさによるキャップの開けやすさや中身の出しやすさ、中身剤型による肌などへの塗布のしやすさや使い心地のよさ、チップなどの用具の使いやすさなど、その化粧品をあらゆる角度から見た時の使いやすさのことです。

化粧品会社では、商品企画・開発のあらゆる段階で多くのモニターによって何十回、何数百回と使用テストを実施しています。モニターの年齢や肌タイプ、温度や湿度など、できる限りその化粧品が使われる状況に対応した条件下で使用テストしています。

使用性と表現して中身の使用感触だけを指すこともありますが、以上のように本来は中身の使用感触にとどまらず商品全体をあらゆる視点から検証した使いやすさのことです。中身に限定した場合は、その使用感触や使い心地を「中身使用性」と呼ぶことが一般的です。
<全般の関連用語>
  • デュアル
  • 原材料
  • 肌トラブル
  • 仕上用化粧品
  • メイク療法
  • 他社品
  • ディスポーザブル
  • コスパ
  • 幹細胞
  • 紫外線量
  • 客セン
  • 美容法
  • マス商品
  • ロールプレイ
  • 二次汚染
  • サプライチェーン
  • 色素性乾皮症
  • 新製品
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • 先入れ先出し
  • 店活
  • ステークホルダー
  • 新商品
  • 抜け感
  • 化粧品
  • アウトオブブランド
  • 医薬部外品
  • 全顔
  • 半顔
  • 旧薬事法
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(96) パッケージ(42)
    その他(16)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.