製品評価試験の意味

製品評価試験【セイヒンヒョウカシケン】
 
<用語解説>
製品評価試験とは
有用性試験において製品そのものの効果効能を判定する試験のこと。
もっと詳しい「製品評価試験」
例えば、「このクリームの保湿力は8時間持続します」「この化粧水はくすみ改善効果があります」という訴求があるとします。これらは製品評価試験によって、例えばクリームを塗布して8時後の肌の水分量測定をしたり、化粧水の連用試験でくすみが改善されたと回答した人の数を統計処理したりした結果、データとして有用性があると認められたからこそ訴求できます。このように、その化粧品そのものの効果効能を科学的なデータをもって判定するための試験が製品評価試験です。サンスクリーンのSPF値測定も製品評価です。
これに対し、その化粧品に配合された成分の効果効能を判定する試験を成分評価試験と言います。
<機能・効果の関連用語>
  • 数値訴求
  • 効能効果
  • 耐水性
  • 色持ち
  • エモリエント
  • EMS
  • もち
  • UVAマーク
  • 脱脂
  • 人体に対する作用が緩和..
  • 効果効能
  • 薬理的効果
  • マルチパーパス
  • ウオータープルーフ
  • 物理的効果
  • アンチシーバム
  • 収れん
  • UVAロゴ
  • プルーフデータ
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • 肌ベネフィット
  • 抗しわ
  • 機能性
  • 保湿
  • 抗乾燥
  • ポアレス
  • 専門パネラー
  • 二次付着レス
  • PA
  • ロングラスティング
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.