現品の意味

現品【ゲンピン】
 
ホーム  > 全般 > 全般販促
<用語解説>
現品とは
現品とは、普段から商品であるもの(製品)のこと。
現品について
現品と言うと、普段から商品として販売されているもの(製品)を指します。つまり、サンプルモックアップなどではなく、通常、商品として存在しているもののことです。

サンプルなどと区別するために「現品」と表現することがよくあります。
例えば、「現品をおろしてテスターにする」「現品購入のお客様に化粧ポーチプレゼントのGWP施策をうつ」「今年のクリスマスコフレは現品と手鏡をセットする」「サンプルパッケージイメージをできるだけ現品に近づける」などと言った時、ここで表現されている現品は全て通常の商品のことです。このように、普段販売する時とは、その製品の存在目的や使われ方が異なることもよくあります。

また、「現品はこちらに出ているだけです」と言ったように、今手元にある現物や店頭に陳列している現物を現品と呼ぶこともあります。
<全般の関連用語>
  • 中身
  • 皮膜
  • プレゼン
  • 全顔
  • 先入れ先出し
  • 香粧品
  • 半顔
  • 成分評価試験
  • 使用法
  • 有用性試験
  • 下半期
  • エクステンション
  • コンペティター
  • 化粧品的医薬部外品
  • マス商品
  • ジャーニーサイズ
  • 安全性
  • 紫外線量
  • コスパ
  • 費用対効果
  • ポーヨーベジタリアン
  • 美容法
  • 試買
  • 化粧品の品質特性
  • 制度品
  • コストパフォーマンス
  • 旧薬事法
  • 愛用
  • 薬店
  • 客セン
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(134)
    組織・団体(39) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(224) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(94) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(49)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.