PA++++の意味

PA++++【ピーエーフォープラス】
 
<用語解説>
PA++++とは
PAとはUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果の目安を+の数で表したもので、+が4つのPA++++は「ピーエーフォープラス」と呼び、2013年1月から表示可能になった。PA+++がUV-A防御効果が非常にあると言えるのに対し、PA++++は「UV-A防御効果が極めて高い」とされる。PA+++が対象とする条件下よりもさらに紫外線が強い場所や紫外線に特別敏感な肌に向けた4段階中最も高いUVA防御指数となる。
もっと詳しい「PA++++」
PA指数は+~++++まであり、+が多いほどUV-A防御効果が高くなります。PA++++が表示できるのはUVAPFが16以上の製品です。通常+の数とともにSPFの数字も上がり、PA++++の場合はSPF値は50前後か表示上限の50+の数字になります。日焼け止め製品にはPA++++のものが多くなりました。SPF+++の場合と同様、炎天下での運動会やゴルフ、登山、マリンスポーツはもちろん、さらにUVインデックスが非常に高い時、スキーやトライアスロンなどの活動に向けたUVAの防御効果となります。さらにマリンスポーツや汗をたくさんかくような場合は、耐水性のあるものを選ぶことも大切です。

参考:日本化粧品工業連合会プレスリリース 2012年11月14日 
用語のカテゴリー

全般

全般(146) 皮膚のしくみ(129)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(141)
組織・団体(48) 資格(6)
海外(40) 新語(15)

原料・中身

成分(235) 技術・処方(91)
機能・効果(50) 使い心地(31)
色・質感(41) 剤型(16)
評価・試験(60)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(98) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

洗浄料(4) スキンケア(125)
ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
UVケア(39) ボディケア(10)
ヘアケア(66) フレグランス(49)
ネイル(26) 雑貨(21)
健康食品(22) その他(8)

生産・流通

製造・生産(82) 物流・流通(65)
輸出入(25)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(91) 店舗・売り場(106)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(30)
くま・くすみ(8) ニキビ(19)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

手入れ法・施術

フェイシャル(4) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(6)
美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

材料・外装

容器(106) パッケージ(53)
その他(22)

広告・宣伝

広告・宣伝(37) 広報・PR(23)
印刷(14)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.