PAの意味

PA【ピーエー、Protection Grade of UV-A】
 
<用語解説>
PAとは
PAとは、UV-A紫外線A波)を防ぐ効果の目安を+の数で表したもののこと。+が多いほどUV-A防御効果が高いことを示す。PAはProtection Grade of UV-Aの略。
PAの意味
UV-A(紫外線A波)は、雲や窓ガラスも通過して肌に影響を及ぼし、光老化の原因とも呼ばれます。PAの+の数はこのUV-Aをどれだけ防御できるかの度合いを示し、PA+(プラス)からPA++++(フォープラス)まであります。PA++++は2013年1月から表示可能となりました。

具体的には、皮膚の黒化が、日やけ止めを塗らない場合に比べ、塗ることでどれだけ耐えられるかを数値化したものから、UV-A防御効果の度合いを次のように示しています。

PA+→UVA防止効果がある
PA++→UVA防止効果がかなりある
PA+++→UVA防止効果が非常にある
PA++++→UVA防止効果が極めて高い

PAの測定法と表示の仕方、海外状況
SPF表示もPA表示も国際的に定められている試験法で測定した値です。SPFと同様、PAも製品毎に国際SPF試験法に定められている1cm2あたり2mg(または2μL)を皮膚に塗布して測定します。

人の背中に、人口太陽光からUV-Bを除去したUV-A照射光源を照射し、数時間後に皮膚の黒化を起こす最も少ないUV-A量(MPPD)を判断します。SPFと同じように日やけ止め塗布部と無塗布部との比を求めた値(UVAPF)の大きさによって+の数が下のように決まります。塗布部分のMPPD÷無塗布部分MPPD=UVAPFです。

UVAPFが2以上4未満→PA+(UVA防止効果がある)
UVAPFが4以上8未満→PA++(UVA防止効果がかなりある)
UVAPFが8以上16未満→PA+++(UVA防止効果が非常にある)
UVAPFが16以上→PA++++(UVA防止効果が極めて高い)

以前はPA+++(スリープラス)までの3段階でしたが、日本化粧品工業連合会によって2013年1月からPA値の基準が拡大され、4段階まで認められることになりました。その背景には、技術進歩はもちろん、UV-Aの有害性に対する社会の意識が高まったことや国際規格と調和を図るなどのためと言われています。

SPFと同じようにUV-A防御効果表示は国によって様々です。アジアには日本と同じようにPA表示が可能な国もありますが、多くの国では表示不可です。またEUについては日本とは全く異なるUVAマークと呼ばれる表示があります。PA表示はSPFと切り離して考えられますが、EUではUVB防御効果が高いものほどUVA防御効果も高くあるべきという考えです。

ISOからは2012年にin vitroのUVA防止効果測定法が発行されました。人の皮膚で測定することのリスクを考慮し、海外では in vitroでの測定法を採用する傾向にありますが、日本においては粧工連からin vitroでの測定基準はまだ出されていません(2015年現在)。

コスメコンシェルジュからひと言

日焼け止めめを選ぶ際、SPFの数値ばかりに注目しがちですが、地上に到達する紫外線の約9割が紫外線A波であることから、UVA防御効果を意識することも大切です。UVAはUVBより波長が長いため、雲やガラスを通過して肌の真皮にまで到達し、コラーゲン線維エラスチン線維にダメージを与えます。

また、PAはSPFと同じように、1cm2あたり2mgを塗布して測定された結果です。これはかなり厚く塗った状態です。例えば顔全体に使用する一般的な量は、乳液が1.5ml、クリームが0.3g(300mg)程度であることからも、1cm四方に2mgの塗布がかなりの量であることがわかります。さらに、時間の経過とともに日やけ止めは落ちてしまうのです。
つまり、表示通りのPA効果を得るためにも、日やけ止めはできるだけたっぷり塗布し、こまめに塗り直すことが大切です。
<機能・効果の関連用語>
  • サンドプルーフ
  • 物理的効果
  • 転相
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • 保湿
  • 肌効果
  • 製品評価試験
  • 薬理的効果
  • 専門パネラー
  • SPF
  • O/W
  • UVAマーク
  • 色持ち
  • 化粧もち
  • ロングラスティング
  • 耐水性
  • もち
  • UVAロゴ
  • 数値訴求
  • マルチパーパス
  • 効果効能
  • 人体に対する作用が緩和..
  • プルーフデータ
  • 抗酸化
  • 機能性
  • 二次付着レス
  • 有用性
  • W/O
  • 防御
  • 制汗
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(134)
    組織・団体(39) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(91) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(49)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.