コラーゲン線維の意味

コラーゲン線維【コラーゲンセンイ、collagen fiber, collagen fibril】
 
<用語解説>
コラーゲン線維とは
コラーゲン線維とは、コラーゲンがたくさん集まって線維の束となったもの。コラーゲン線維は、真皮の大部分を占め、皮膚にハリや弾力を与え、しなやかな肌を維持し、外力から皮膚内部を守るクッションのような役割をする。
膠原線維とも呼ばれる。
コラーゲン線維について
真皮の網状層は細い線維が網目状になっていますが、その網目の大部分がコラーゲン線維です。コラーゲン線維は、柔らかく、耐伸縮性に優れた強靭な線維で、皮膚にハリや弾力を与えることで、肌をしなやかに維持し、外力から皮膚内部を守るクッションのような役割をします。コラーゲン線維の間を縫うように存在するエラスチン線維が存在します。

コラーゲン線維が真皮に占める割合は、70%とも90%とも言われています。コラーゲン線維の状態が真皮層を決めると言っても過言ではありませんが、加齢とともにコラーゲンが減少したり、浴び続けた紫外線がコラーゲンにダメージを与えることなどがわかっています。

コラーゲン線維は、線維芽細胞が細胞外に分泌したコラーゲンの前駆体が、細胞外マトリックス内で3本鎖構造を含んだコラーゲン分子となり、それが規則的に寄り集まり線維状に結合したものがさらにらせん状に絡み合って束となった線維です。
コラーゲンの中でも主にI型、Ⅲ型、V型の線維性コラーゲンがコラーゲン線維になります。網状層で網目を形成するコラーゲン線維はⅠ型コラーゲンによる線維です。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • エラスチン線維
  • ホメオスタシス
  • ケラチン
  • pH
  • 古い角質
  • 真皮幹細胞
  • 表皮
  • 錯角化
  • 表皮幹細胞
  • 角化細胞
  • ノネナール
  • チロシン
  • 弾力線維
  • 幹細胞
  • 線維芽細胞
  • 古い角層
  • 基質
  • 有棘細胞
  • アクネ菌
  • エクリン腺
  • 即時黒化
  • 脂腺
  • 皮膚
  • メラニン合成
  • 汗腺
  • 角栓
  • 皮溝
  • 情報伝達物質
  • 毛のう
  • 皮脂膜
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.