アデノシン三リン酸2Naの意味

アデノシン三リン酸2Na【アデノシンサンリンサンニナトリウム】
 
<用語解説>
アデノシン三リン酸2Naとは
皮膚細胞を活性させる効果があり、賦活剤として用いられる白色の結晶か結晶性の粉末成分。ATPと呼ばれることも多い。
もっと詳しいアデノシン三リン酸2Na
アデノシン三リン酸2NaはATPと呼ぶことの方が多いです。ATPは微生物からヒトまで全ての生命が利用する生体エネルギー物質であり、エネルギーを保存・供給しています。私達の体中の組織に存在し、酵素による加水分解によってATPがADPに代わるときに筋肉収縮などに必要なエネルギーを与えます。
アデノシン三リン酸2Naは、血管を拡張する賦活剤として使われ、体内のコラーゲンを生成促進し、細胞の回復をサポートする働きをします。水に溶けやすく浸透効果に優れるので、他の成分の働きを助けます。皮膚細胞を活性する効果を期待し、アンチエイジングカテゴリーの製品にもよく用いられます。アデノシン三リン酸2Naは成分としてのATPの安定性を高めたものでATPそのものではありませんが、体内でナトリウムが外れるとATPとしての働きを発揮し、その働きはATPと同じです。

●表示名称とINCI名
【表示名称】アデノシン三リン酸2Na
INCI名】Disodium Adenosine Triphosphate
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(37) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(92) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.