アンチエイジングの意味

アンチエイジング【anti- aging】
 
<用語解説>
アンチエイジングとは
アンチエイジングとは、加齢に伴う好ましくない変化を予防・改善したり、進行を抑えたりすること。化粧品の世界では、特に肌や髪の老化症状に対応したお手入れ行為やそのための製品機能を指す。「抗老化」ともいう。
アンチエイジングについて
人の年齢は、暦上の年齢と生物学的な年齢がありますが、アンチエイジングとは生物学年齢でもある見た目年齢を若々しようというものです。具体的には、肌老化による好ましくない症状の予防や改善を目指し、美容医療を受けたり、スキンケアを行うこと、あるいはそれらのために使用するサービスや製品の機能をアンチエイジングと言います。

※「アンチエイジング」の言葉は美容用語として社会に定着していますが、それは薬機法に照らすと効能効果の範囲から逸脱していることになります。アンチエイジングの文字通りの意味は、年を取ることに対抗することであり、それは現実的に不可能であるからです。

そのため、化粧品の商品名やパッケージ表示など広告でアンチエイジングの言葉を用いることはできません。代わりに「エイジングケア」がよく用いられますが、エイジングケアとはあくまでも定められた効能効果の範囲内のことを指し、老化防止や改善などの表現はできません。また、「エイジングケア」とはあくまでもケア(お手入れ)の一つの方法を意味するだけであり、「エイジングケア」の言葉自体に効能効果を感じさせることはできません。そのため「エイジングケア」の言葉を用いた場合は、「年齢に応じたうるおいケアです」などの表現を近くに表示することで、あくまでも意味するのはお手入れのことであって効能効果ではないことを示す対応をとるのが通常です。
<アンチエイジングの関連用語>
  • コラーゲン線維
  • アンチエイジング
  • エイジングケア
  • エイジング
  • 線維芽細胞
  • エラスチン線維
  • 抗しわ
  • 抗老化
  • マチュア
  • シミ
  • クロノロジカルエイジン..
  • 老人性色素斑
  • 光老化
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2023 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.