販売名の意味

販売名【ハンバイメイ】
 
<用語解説>
販売名とは
販売名とは、薬事法の規定に基づく承認を受けた名称または届け出をした名称のこと。法律上の商品名のこと。
化粧品の販売名について
商品名称というと、パッケージ正面に表示されたものだと思われますが、実際はそれは愛称であって法律上の正式名称でない場合が化粧品にはよくあります。

化粧品の販売名は法定表示の一つであり、薬事法で表示義務が定められている「製品の名称」というのはこの販売名のことです。販売名は、「製造販売届書」で届出した名称、あるいは医薬部外品ならばその後の医薬部外品の承認申請をして承認された名称であることから、申請名称や薬事名称と呼ばれることもあります。

消費者が商品名として認識する名称は、容器正面に印刷され、テレビ宣伝やホームページ、ポスターなどで使われる名前であり、社内でもその名称を「正式名称」として取り扱うことが多いにもかかわらず、実際はその名称は正式に届けたものでないのには、商品開発スケジュールの影響もあります。

特に新製品の場合、商品名称を決めるまでに時間がかかります。製造販売届けをする段階では、まだ決まっていないことが多く、販売名として別の名称を届けることになるのです。この場合、シンプルな名称で届けるのが一般的です。

パッケージに印刷したり、広告で使われたりして、世の中で認知される商品名称は、その製品の効能効果とのイメージのマッチングや商標調査の結果、消費者調査の結果などを踏まえ最終的に決定します。マーケティング上の名称ではありますが、この名称こそを正式名称と捉えるのが一般的です。

販売名は、商品パッケージの裏面などで正式名称(愛称)の下に表示されます。その際「販売名」という表記に続けて表示する必要があります。商品名というと、その愛称の方を指すことが通常であるため、プレスリリースなどの文章でも正式な商品名としては愛称を記載し、その後ろにカッコ書きなどで販売名を記載するのが一般的です。

例えば、コスメコンシェル社の新製品、「コスメコンシェル 薬用ホワイトUVサイエンス」があるとします。届出した名称が「CC薬用ホワイトUV」だった場合、商品前面では「コスメコンシェル 薬用ホワイトUVサイエンス」と表示し、裏面では「コスメコンシェル 薬用ホワイトUVサイエンス」の下、あるいは同じ面の離れた場所に「販売名:CC薬用ホワイトUV」と書かれます。文書では「コスメコンシェル社はコスメコンシェル 薬用ホワイトUVサイエンス(販売名:CC薬用ホワイトUV)を発売します」といったように書かれます。因みにこの例の場合、「美白美容液」「美容液」などの種類別名称と「医薬部外品」表記も必要になります。

商品名称決定に時間を要しない場合や、色調追加などで既に存在する商品名称を用いる場合などは、パッケージに印刷するような名称(マーケティング上の正式名称)と届け出た名称が一致するため、別途販売名の表示は不要です。
用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(121)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(125)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(29)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(120) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.