薬事法の意味

薬事法【ヤクジホウ、the pharmaceutical affairs law】
 
<用語解説>
薬事法とは
薬事法は、医薬品医薬部外品化粧品、医療機器の4分野について定義づけし、品質や安全性、有用性、正しい使用法を確保することを目的とした厚生労働省管轄の法律。

2014年(平成26年)11月25日施行の改正薬事法により、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)」と改称された。
もっと詳しい化粧品の「薬事法」
薬事法は1960年(昭和35年)に制定され社会や科学の発展を踏まえて何度も改正されています。化粧品の研究開発や製造、販売方法、表示や宣伝などについて規定され、化粧品に関する法律の中で最も基本となっている法律のひとつであり、化粧品にとって憲法とも言えます。

化粧品メーカーなど化粧品をつくる立場から見ると、化粧品は大変厳しい多くの規制に縛られていると言えますが、消費者側から見ると、化粧品は医薬品と同じ薬事法の中で厳しく規制され、その品質や有効性、安全性などの信頼性が法律で守られているとも言えます。
<法律・基準の関連用語>
  • 厚生労働大臣が指定する..
  • 表示指定成分
  • 再商品化
  • ポジティブリスト
  • PL法
  • 発売元表示
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • 公競規
  • FD&C
  • 販売名称
  • ISO16128に基づ..
  • UVAマーク
  • 製造販売業者
  • ドシエ
  • SPF
  • 薬監
  • 化粧品原料基準
  • 景品表示法
  • 1/3ルール
  • NC表示
  • 薬事名称
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • 自然由来指数
  • 化粧品
  • ISO 26000
  • 無添加化粧品
  • 一般用医薬品
  • 医薬品
  • 社会的責任の手引き
  • 有効成分リスト
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.