練り香水の意味

練り香水【ネリコウスイ】
 
<用語解説>
練り香水とは
柔らかい固形タイプのフレグランス。香水と言うが液体の香水より香料配合率は低い。基本成分は油分と香料で、ミツロウ、固形パラフィン、ワセリンなどの油分に香料を5~10%程度加える。香料が油分にとかされているため香りが長持ちし、4~5時間程度持続する。剤型の特性上、携帯に便利。
<フレグランスの関連用語>
  • 原料臭
  • ノンパフューム
  • ミドルノート
  • オードトワレ
  • 香り立ち
  • 弱賦香
  • 調香
  • 基剤臭
  • パヒューマー
  • 加齢臭
  • トップノート
  • 消臭剤
  • ダスティングパウダー
  • パフューマー
  • パルファム
  • 動物性香料
  • 匂い立ち
  • 芳香石鹸
  • 香り
  • 無賦香
  • 芳香パウダー
  • サシェ
  • 練り香水
  • ムエット
  • 天然香料
  • 微賦香
  • 香料フリー
  • 芳香剤
  • オードパルファム
  • 防臭剤
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(140) 皮膚のしくみ(123)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(133)
    組織・団体(31) 資格(6)
    海外(19)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(32)
    表示(87) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(59)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(21) 健康食品(21)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(39) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.