ダブル洗顔の意味

ダブル洗顔【ダブルセンガン】
 
<用語解説>
ダブル洗顔とは
クレンジング料でメイク落としをした後に洗顔料で顔を洗うこと。
もっと詳しい「ダブル洗顔」
ファンデーションや口紅などのメイクは油性成分が多く含まれているため水洗いだけではなかなか落とすことができません。ウオータープルーフのメイクアイテムを使っている場合はなおさらです。メイク落としアイテムにはメイクの油性成分となじみやすい成分が配合されておりメイクを溶かしてきれいに落とすことができます。
一方、メイクをしていない肌は日常での埃や古い角質が皮脂や汗によって肌に付着しており、これらの汚れは肌から浮かして流してしまう必要があり、洗顔料の泡がその働きをします。

このように、メイクや汚れの性質が異なるため、それぞれに対応した洗浄料が必要で、結果的にメイクをしている場合はダブル洗顔が必要になります。それが面倒だからと洗顔料一つで済まそうとしてもメイクは落としきれず、落とすためゴシゴシこすると肌に刺激になります。逆にメイク落としで素顔洗顔をすることはその洗浄力の高さゆえに肌に必要な油分まで奪い去ってしまいます。

しかし最近は、1つでメイク落としと洗顔の働きをする洗浄料も出ています。これは、性質の異なるメイクの油性成分と皮脂や汗に付着した汚れの両方を落とす機能を持ったもので、洗い流しの際に肌から浮かしだしたメイク成分が肌に再付着しないよう工夫されているためダブル洗顔が不要になります。
<お手入れ法の関連用語>
  • パーソナルケア
  • 保湿
  • UVケア
  • 洗顔
  • スペシャルケア
  • コットンパック
  • 紫外線ケア
  • クレンジング
  • 抗老化
  • UV対策
  • ホワイトニング
  • ワイプオフ
  • 部分ケア
  • リンパドレナージュ
  • ベーシックケア
  • スポットケア
  • サンケア
  • 紫外線対策
  • あかすり
  • アフターサン
  • アンチエイジング
  • ローションパック
  • 美容家電
  • ダブル洗顔
  • 使用量
  • アフターサンケア
  • 保水
  • セルフタンニング
  • 美白
  • パッティング
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(136) 皮膚のしくみ(106)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(121)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(83) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(56)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(74) 物流・流通(58)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.