使用量の意味

使用量【シヨウリョウ】
 
<用語解説>
使用量とは
スキンケアやメイクなどで使う各化粧品の1回あたりの中身使用量のこと。一般的に製品ごとに化粧品メーカーが推奨している。
もっと詳しい「使用量」
各化粧品の効果を最大限に引き出し、より心地よく、安全に使えるよう化粧品メーカーでは製品毎に1回あたりの使用量を決めています。間違った量を使ったからと言って肌に悪いことはありませんが、カウンセリング説明されたり能書などに書いてあったりする量を正しく使うことはその化粧品の効果を最大限に引き出すために大切です。
厳密に言うと顔の肌面積は人それぞれ異なり、同じ人でも肌状態によって変わってきますし、コットン使用の場合はコットンの種類にも影響されますからメーカーから出ている使用量はあくまでも目安です。しかし塗布中にすべりが悪い、肌がこすれるなどの違和感、不快感がある場合は、使用量が足りず肌に負担をかける可能性もあるので、もう少し多めの量にした方がいいでしょう。一番は心地よく使えることが大切です。

化粧品会社内では何g、何mlといった正確な量で使用感触の確認や有用性試験などを行いますが、お客様に対してはそういった数字ではわかりにくいためパール粒やマスカット大、500円硬貨大といったように大きさを示し、実寸大のイラストを表示することもよくあります。

コスメコンシェルジュからご案内

代表的なアイテムごとの使用量は以下のとおりです。
人によって、そして中身剤型や容器の口もとの大きさなどによって変わってくるので、実際の使用にあたっては各メーカーからの情報や製品能書にある使用法が最優先ですが、一般的な使用量を知っておくと、その化粧品が何回分の量があるか、何ヵ月持つかなどの目安を立てられ購入時に便利です。
洗浄料

化粧水乳液クリーム日中用

美容液アイクリーム
クマ用のアイクリームは目元のマッサージをしやすいように通常のアイクリームより多めの使用量となります。

〇マッサージクリーム、収れん化粧水、ピールオフタイプのマスク
ペーストが乾いてからはがすピールオフマスクは一度に全量出すのではなく、4回程度に分けるのがマスクを肌にうまく伸ばすポイントです。

用語のカテゴリー

全般

全般(138) 皮膚のしくみ(121)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(125)
組織・団体(28) 資格(6)
海外(18)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(54)

マーケティング

商品開発(54) 調査(29)
表示(86) 施策(3)
マーケティング(32)

製品カテゴリー

スキンケア(120) ベースメイク(80)
ポイントメイク(53) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(57)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(18) 健康食品(21)
その他(7)

生産・流通

製造・生産(75) 物流・流通(61)
輸出入(22)

営業・販売

接客(36) 販促(39)
販売(82) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(93) パッケージ(40)
その他(15)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.