メラニンの意味

メラニン【melanin】
 
<用語解説>
メラニンとは
メラニンとは、肌や毛髪、瞳の色を決定する色素のこと。メラニンはメラノサイトで作られる。メラニン色素と呼ばれることもある。
メラニンについて
〇メラニンの役割
メラニンは、皮膚の紫外線に対する防御反応という重要な役割を担っています。紫外線によって、角化細胞の核にあるDNAがダメージを受けないよう、メラニン自らが紫外線を吸収することで細胞を守ります。

〇メラニンの合成
メラニンは、メラノサイト内にあるメラノソームの中で作られます。皮膚が紫外線を浴びると「メラニンを作れ」という指令を出す情報伝達物質が角化細胞で放出され、それがメラノサイトを活性して、メラニンをつくらせます。

メラノソーム内にあるアミノ酸の一種であるチロシンが、酵素チロシナーゼによってドーパに合成され、さらにドーパは同じく酵素チロシナーゼによってドーパキノンに合成されます。そして、ドーパキノンは自動的に酸化が進み、メラニンとなります。

メラニンでいっぱいになったメラノソームは、メラノサイト樹状突起の先端から周りの角化細胞にメラノソームごと受け渡され、各細胞の核の上に集まって沈着することで核内のNDAを守りますが、この仕組みは現在まだよくわかっていません。
傷やニキビなどのあとが残るのも、それら炎症に対するメラニンによる防御反応です。

〇メラニンと美容
日に当たって肌が黒くなるのは、肌を守ろうとするメラニンの防御作用である一方、肌悩みにつながることもあります。通常は、正常な肌の働きによって黒くなった肌は元に戻りますが、メラニンの過剰生成やターンオーバーの乱れがある場合は、肌色が元に戻らなかったり、メラニンが部分的に蓄積してシミとして残ったりします。

〇メラニンの種類と色の決定
私達ヒトに見られるメラニン色素は、茶~黒色でユーメラニンと黄~赤色のメラニン色素の2種類があります。この存在比率によって、肌、髪、瞳の色に違いが出てきます。
<シミ・メラニンの関連用語>
  • 肝斑
  • メラノサイト
  • 酵素チロシナーゼ
  • 色素細胞
  • ソバカス
  • 老人性色素斑
  • デンドライト
  • メラニン
  • 情報伝達物質
  • チロシナーゼ
  • メラニン細胞
  • サンタン
  • 色素沈着
  • 樹状突起
  • メラノソーム
  • 慢性微弱炎症
  • メラニン還元
  • メラニン色素
  • 雪焼け
  • チロシン
  • 色素斑
  • 基底膜
  • 炎症後色素沈着
  • シミ
  • メラニン生成
  • 日光黒子
  • メラニン合成
  • メラニン排出
  • 色素形成細胞
  • 用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.