慢性微弱炎症の意味

慢性微弱炎症【マンセイビジャクエンショウ】
 
<用語解説>
慢性微弱炎症とは
シミ部分の皮膚は弱い炎症状態を起こしており紫外線の影響がなくても常にメラノサイトが活性されているという状態のこと。

コスメコンシェルジュからの一言

紫外線の影響がなくてもメラノサイトが活性しているということは、その状況下では常にメラニンを作れという情報伝達物質が出ているということです。つまりシミ部分の皮膚は常にメラニンが作られているということです。これは比較的最近発見された知見ですが、だからシミをなくすのが難しいということに納得いきますね。美白の世界はどんどん進化しています。シミに関する新しいメカニズムが発見されると、美白商品や成分もそれに対応したものが開発されるので、消費者にはシミの状況に合わせ選択の幅が広がります。慢性微弱炎症に着目し、常に発せられているメラニンを作れという情報伝達物質を抑える美白成分としてトラネキサム酸があります。

日に浴びなくてもどうせ慢性微弱炎症が起こっているからとUVケアをおろそかにしてはいけません。シミを濃くしたり、治りにくくしたりする要因は慢性微弱炎症をはじめ色々ありますが、シミを作るきっかけは紫外線による刺激が大きいのです。シミをできるだけ作らない、薄くするためには紫外線を防ぐことが重要であるには変わりありません。

<シミ・メラニンの関連用語>
  • 日光黒子
  • ソバカス
  • ブレミッシュ
  • メラニン色素
  • 樹状突起
  • シミ
  • メラニン
  • 色素形成細胞
  • 老人性色素斑
  • メラニン生成
  • 情報伝達物質
  • 色素沈着
  • 雪焼け
  • 酵素チロシナーゼ
  • メラニン還元
  • 慢性微弱炎症
  • メラノサイト
  • 基底膜
  • デンドライト
  • メラノソーム
  • メラニン細胞
  • 炎症後色素沈着
  • サンタン
  • メラニン排出
  • 色素斑
  • チロシン
  • メラニン合成
  • 色素細胞
  • 肝斑
  • チロシナーゼ
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(147) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(140)
    組織・団体(47) 資格(6)
    海外(38) 新語(14)

    原料・中身

    成分(235) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(98) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(125)
    ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(90) 店舗・売り場(105)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(106) パッケージ(52)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(36) 広報・PR(22)
    印刷(10)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.