化粧品原料基準の意味

化粧品原料基準【けしょうひんげんりょうきじゅん】
 
<用語解説>
化粧品原料基準とは
化粧品原料基準とは、化粧品の原料に関する基準、および基準書のこと。現在は廃止されている。
略して「粧原基」と呼ばれる。
化粧品原料基準の概要
化粧品原料基準は、1967年8月に告示された化粧品に配合する原料の規格や試験法を定めた日本で最初の公定書です。1968年(昭和43年)4月1日から2001年(平成13年)3月31日まで施行されていました。

化粧品原料基準では、化粧品に使用できる原料の規格と試験法が定められ、最初は44試験法、114品目が収載、その後何度かの改定・追加を経て最終的(1999年)には406成分、57試験法が収載されていました。ここに収載されていない原料を用いる場合は、承認・認可が必要でしたが、承認・許可の手続きの簡素化などを目的にのちに施行されたのが化粧品種別許可制度です。

化粧品原料基準は、化粧品基準の施行によって化粧品品質基準と一緒に2001年3月31日をもって廃止されました。
<法律・基準の関連用語>
  • PAO
  • 配合禁止成分リスト
  • 社会的責任の手引き
  • 公競規
  • 商品表示
  • ISO16128に基づ..
  • CoC認証
  • SPF
  • PL法
  • 化粧品の表示に関する公..
  • サステナブル
  • JIS
  • ノープリントプライス
  • 医療機器
  • 化粧石けんの表示に関す..
  • 薬事監査証明
  • NG名称
  • PA
  • 3Rの原則
  • ドシエ
  • 生衛業
  • 製造物責任法
  • ISO 22716
  • 販売名
  • モノグラフ
  • 景表法
  • 薬事法
  • 医薬品等適正広告基準
  • 化粧品GMP
  • 医薬品等に使用すること..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(42)
    新語(20)

    原料・中身

    成分(241) 技術・処方(95)
    機能・効果(51) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(17)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(61) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(55)

    製品カテゴリー

    洗浄料(6) スキンケア(127)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(11)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(25)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.