しばり表現の意味

しばり表現【シバリヒョウゲン】
 
<用語解説>
しばり表現とは
しばり表現とは、効能効果訴求する際、必ず付記・付言しなければならないと決められた表現のこと。
化粧品のしばり表現について
しばり表現の「しばり」とは、制限や制約を意味する「しばり(縛り)」のことです。文字通り、しばり表現とは、化粧品に関して制約のある表現のことです。

化粧品の広告に使える表現は、化粧品の効能効果の範囲内に限られています。薬用化粧品医薬部外品についても同様で、それぞれ定められた「薬用化粧品の効能効果の範囲」「医薬部外品の効能効果の範囲」や承認された範囲の表現しかできません。そして、その効能効果によっては、原則として必ず付記・付言しなければならないと条件づけられた表現があり、それを「しばり表現」と言います。

しばり表現は、明瞭に示さなければならず、スペースが十分になくても省略できません。
例えば、化粧品の「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」の効能効果表現においては「日焼けによる」が、「乾燥による小じわを目立たなくする」においては「乾燥による」がしばり表現にあたります。薬用化粧品の「メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぐ」の場合は、「メラニンの生成を抑え」部分がしばり表現です。
しばり表現を用いず「シミ・ソバカスを防ぐ」や「小じわを目立たなくする」のみを表現することはできません。

アレルギーテスト済み表示に付記された「全ての方にアレルギーが起こらないということではありません」の表記は、しばり表現ではなく、デメリット表示と呼ばれます。
<法律・基準の関連用語>
  • NC表示
  • マイクロプラスチックビ..
  • 薬監証明
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • 愛称
  • オーガニック由来指数
  • 一般化粧品
  • 数値訴求
  • 新指定医薬部外品
  • インキネーム
  • 誹謗中傷
  • 自然原料
  • 販売名
  • 人体に対する作用が緩和..
  • 薬事監査証明
  • 不当景品類及び不当表示..
  • 薬機法
  • 資源有効利用促進法
  • 社会的責任の手引き
  • ネガティブリスト
  • 許可色素
  • 化粧品基準
  • 個人輸入
  • 製造業
  • 景品表示法
  • 化粧品等の適正広告ガイ..
  • 化粧品の規制緩和
  • 医薬品
  • 全成分表示
  • 再商品化
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(137) 皮膚のしくみ(107)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(122)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(84) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(73) 物流・流通(58)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.