バームの意味

バーム
 
<用語解説>
バームとは
硬めのクリームや練り状の剤型のこと。
粘度が非常に高く、ジャー容器を逆さにしても垂れてこないくらいの硬さのものを一般的にバームと言うが、明確な定義はないため化粧品会社やブランドによって中身の粘度状態はまちまちである。
もっと詳しい「バーム」
BBクリームはBlemish Balm(ブレミッシュバーム)の略ですが、このBalmとはまさにバームのことです。また、外用消炎鎮痛剤として有名なTaiger Balm(タイガーバーム)のバームもこのバームのことです。このようなことから、バームと言うと薬用的な意味合いが感じられることがあり、そこを狙って商品名にバームと付けることもあるれば、クリームとの差別化のためにバームと付けることもあります。
硬めの剤型ですが、肌に塗布した瞬間から皮膚温によってて徐々にほぐれ、オイル成分が滑らかにのびます。
リップクリームでも商品名に「バーム」がよく使われます。スティック状リップクリームも剤型としてはバームと言えますが、小型ジャーに入ったものをバームという傾向にあります。
化粧品公正取引協議会で種類別名称等に製品の剤型を表す名称をつけることができるとされている中でバームは練り状の剤型のこととなっています。
<スキンケアの関連用語>
  • トナー
  • サンタン化粧品
  • フェイシャルケア
  • 日中用
  • 洗顔料
  • アフターサン
  • オールインワン
  • お手入れ
  • エッセンスマスク
  • トイレタリー
  • 落として整えて守る
  • ソフニング
  • リムーバー
  • リッチ
  • 抗老化
  • セラム
  • 寝化粧
  • 洗い流し
  • マスク
  • フェイシャル化粧品
  • こっくり
  • バニシングクリーム
  • 収れん化粧水
  • モイスチャーライザー
  • クレンジングフォーム
  • 含浸タイプ
  • メイク落とし
  • クレンジングミルク
  • ふきとり化粧水
  • アストリンゼントローシ..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(138)
    組織・団体(45) 資格(6)
    海外(35) 新語(8)

    原料・中身

    成分(231) 技術・処方(89)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(40) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(97) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(122)
    ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
    UVケア(38) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(81) 物流・流通(64)
    輸出入(24)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(102)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(51)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(8)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.