色校正の意味

色校正【イロコウセイ】
 
<用語解説>
色校正とは
色校正とは、正式に印刷する前に、試し刷りした原稿で色や明るさを確認し、必要に応じて修正を指示する作業のこと。色校正は、インキの出方や調合に関わる確認であり、誤字脱字、レイアウトなどを確認する文字校正とは通常分けて行う。「色校」ともいう。
色校正について
雑誌やポスターなど化粧品広告の印刷物では、人物モデルやパッケージ、中身色などがイメージ通りに印刷できていることが特に大切です。色校正紙に対し、色の濁りやぼけ、メリハリ、明るさ、光の加減などを全般的に確認するのはもちろん、モデルの肌や髪が健康的に美しく再現できているか、口紅やアイシャドーなどのメイクが実際のメイクに忠実でありながら美しく再現できているか、商品パッケージや中身色が実物に忠実に再現できているかなど、細かい部分まで確認し、必要に応じ補正・修正を依頼し、文字校正と同じように再校を重ね校了となります。

一般的に、色校正は文字校正校了となった後に行います。色校正紙をもって、写真やイラスト、文字などの色や明るさが、計画通りに再現できているかを確認し、必要に応じて赤入れします。文字や文章とは異なり、手本に照らして間違えや修正すべき部分を見つけ出せるわけではありません。色や明るさなどは人により感じ方が異なるため、デザイナーと印刷会社との間など関係者間に色味に対する認識にズレがあれば、この色校正の段階で合わせることになります。

色校正には校正紙の種類によって3つのレベルがあります。
・本機色校正:本番と同じ印刷機、紙、インキで仮刷りしたもので校正する
・本紙色校正:本番と同じ紙とインキを使い、色校正専用機で印刷したもので校正する
・簡易色校正:インクジェット出力したもの(紙とインクも本番と異なる)で校正する

本機色校正は、最もコストがかかりますが、正式に印刷した場合とほぼ同じ仕上がりです。例えば、メイクをした肌の質感と塗布したアイシャドーの色や輝き確認する場合は本機校正か本紙校正を行い、全体的にざっと確認する程度の場合は簡易校正を行うといったように、印刷物の内容や目的などに応じて効率的な色校正紙を用います。

また、写真撮影の段階ではどうしようもなかった部分、あるいは撮影時に見逃してしまったモデルの顔にかかった髪や衣装についた糸くずなどを削除する作業も色校正の段階で行うことがありますが、現在は写真撮影もデジタル化しているため、入稿前にカメラマンやデザイナーによって撮影画像を修正・調整することも多いです。

色は、環境によって異なって見えるため、場合によっては専用の部屋で色校正を行いますし、ポスターなど垂直に用いる印刷物の場合は、机上で水平の状態で確認するだけでなく、壁に貼ったり床に立てるなど実際に使う状態にして色校正することが重要です。

文字校正は、修正指示をするのに広く知られている記号や言い回しがありますが、色校正にはそのようなことは特にありません。完結かつ具体的にわかりやすく伝える必要があり、人によって解釈が異なる表現は避け、なぜそうしたいのかの意図も一緒に伝えることが大切です。言葉では上手く伝えられない場合は、「この色」ということがわかるよう色見本を添えます。特に、色の基準が厳しく正確に再現することがより重要な部分には、入稿の際に原稿と一緒に色見本を印刷会社に渡し、色校正時にはその色見本と見比べて確認します。

色見本としては、DICパントンなどの色見本帳から切り離した色チップを用いることが多いです。ブランドロゴやブランドカラーなどはDICの何番と言ったように、通常色が決まっていますが、手元にある色見本帳(この場合DICカラーガイド)は保管方法や経年変化によって色が変わっている可能性があるため、番号が決まっていてもその番号伝えるだけでなく色チップも添えることが大切です。
中身写真の印刷や色玉シールを作る場合などは、アイシャドーや口紅などの中身をそのまま見本として印刷会社に渡すこともあります。

色校正は文字校正の校了後のステップであり、色校正では文字や文章の変更は原則的に行いません。文字校正の校了後に気付いた誤字脱字の修正を色校正と合わせて対応することがありますが、それは大変特別なケースです。印刷用の版を作り直すことになり、レイアウトデザインからやり直しになったり、再度文字校正をする必要があるため、色校正時での文字の修正・変更は、スケジュール遅延とコストアップに繋がります。
<表示の関連用語>
  • 申請名称
  • 景表法
  • NPP
  • オーガニック指数
  • 製造販売元
  • 販売名
  • 添付能書
  • May Contain
  • イタリック
  • 英訳
  • PDP面
  • デメリット表示
  • 英文
  • イングリディエンツ
  • 識別表示
  • 邦文
  • 初校
  • ネイティブチェック
  • 和訳
  • 優良誤認表示
  • 再校
  • 特記成分
  • 自然指数
  • 主要表示パネル
  • 販売名称
  • PDP
  • 薬事名称
  • 使用期限
  • 公正競争規約
  • in vitro
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(135)
    組織・団体(44) 資格(6)
    海外(35) 新語(8)

    原料・中身

    成分(227) 技術・処方(89)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(40) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(97) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(3) スキンケア(122)
    ベースメイク(83) ポイントメイク(56)
    UVケア(38) ボディケア(10)
    ヘアケア(65) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(78) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(98)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(51)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(8)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.