文字校正の意味

文字校正【モジコウセイ】
 
<用語解説>
文字校正とは
能書プレスキットなどの印刷物において、正式に大量印刷される前に、文字や文章表現に誤字、脱字、読みづらいレイアウトなどがないかを確認し、誤りや適切でない部分に修正を指示する作業のこと。
略して文字校ということも多い。印刷物でなくホームページなどについても同じ作業を行い、同じく文字校正と呼ぶ。
もっと詳しい「文字校正」
具体的には最終原稿とつき合わせて確認します。その際、二人一組で読み合わせをすることもよくあります。
版下のコピーや校正刷りと呼ばれる試し刷りをしたもので確認し、そこに修正指示を書き入れます。1回目を初校、2回目を再校、以降3校、4校・・・と呼び、何の修正も入れなかった最終回は校了と呼びます。
修正指示した部分がきちんと変更されているかを次回の文字校正時に確認し、ここで万一、前回見逃してしまった修正すべき部分に気付けばその修正も指示します。

また、原稿は有用性データ薬事法など種々のルールを踏まえて社内複数部門によって確認され、何度も検討と修正を重ねて最終決定しますが、その過程では気付かなかった不適切表現や大きな誤りがある場合もあります。万一、そういった点があれば文字校正の段階で修正する必要があるため、特に1回目の文字校正では単に誤字・脱字を見つけるだけでなく、内容も吟味して確認する必要があります。

特に完成品になると能書や1個ケースなど印刷するものは、ウェブ上の素材のようにすぐに修正することができず、変更するには多大な労力とコストがかかり、販売にも大きく影響します。表示の間違えが商品回収に繋がる場合もあります。文字校正は商品の企画・開発担当者にとって非常に大切な作業の一つです。
<表示の関連用語>
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • 二重価格表示
  • イタリック
  • NC表示
  • オーガニック指数
  • 責任校了
  • 色校
  • 抗しわ
  • INCI名
  • 数値訴求
  • 発売元表示
  • 使用期限
  • 文字校正
  • 初校
  • 抗乾燥
  • 再校
  • 英訳
  • 直接の容器
  • 別添能書
  • 文字校
  • 和文
  • 不当景品類及び不当表示..
  • 特記表示
  • 販売名称
  • デメリット表示
  • 欧文
  • 和訳
  • ノンコメドジェニックテ..
  • 不当表示
  • Dermatologi..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(144) 皮膚のしくみ(123)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(133)
    組織・団体(38) 資格(6)
    海外(31) 新語(7)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(39)
    表示(90) 施策(3)
    マーケティング(39)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(39) 販促(39)
    販売(85) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(0)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.