pHの意味

pH【ピーエイチ】
 
<用語解説>
pHとは
物質の酸性・アルカリ性の度合いを示す単位で0~14まである。7が中性で、それより数字が小さいと酸性、大きいとアルカリ性。「ピーエイチ」あるいは「ペーハー」と呼ぶ。
皮膚のpH
皮膚はpH5前後(4.5~6.5)の弱酸性を示します。石鹸による洗顔は皮膚表面にアルカリを作用させるので、洗顔後の肌はpH8程度のアルカリ性に傾きます。アルカリ性に傾いた肌は、刺激を受けやすくデリケートな状態で、様々な肌トラブルを起こしやすくなりますが、正常な皮膚ならば皮脂や汗によって中和され5~10分で弱酸性のpHに戻るので問題ありません。これは皮膚のpH中和能力と呼び、肌のホメオスタシスの一つとされています。

pH値は通常、物質が水に溶けている水溶液の値ですので、正確には固体である皮膚ではなく液体である皮膚表面の皮脂膜のpHを指します。
pHは、Power of Hydrogen や Potential of Hydrogenなどの略とされ、日本語では水素イオン指数や水素濃度イオン濃度指数などと呼ばれます。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • 有棘層
  • アクネ桿菌
  • 膠原
  • 古い角質
  • 真皮
  • プラスミン
  • スキンタイプ
  • アクネ菌
  • NMF
  • 弾力線維
  • キメ
  • ケラチノサイト
  • 細胞間脂質
  • モイスチャーバランス
  • TEWL
  • 慢性微弱炎症
  • ノネナール
  • 皮下組織
  • メラニン排出
  • 古い角層
  • 持続型即時黒化
  • 細胞外マトリックス
  • 皮膚生理
  • コラーゲン線維
  • 乳頭
  • コラーゲン
  • 顆粒細胞
  • 色素形成細胞
  • 遅延黒化
  • チロシナーゼ
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.