有用性の意味

有用性【ユウヨウセイ】
 
<用語解説>
有用性とは
有用性とは、その製品を使うことによる効用のこと。
有用性について
有用性とは、実際に使うと役に立つこと、つまり化粧品ならばその化粧品としての役割を果たす性質を有しているということです。

化粧品は、使う人の肌や髪などに対して製品設計通りの機能を発揮し、効果をもたらすことが大切です。例えば、洗顔フォームなら汚れを落とす効果、日焼け止めクリームならば紫外線から肌を守る効果、乳液ならば肌を保湿する効果、ファンデーションならば肌を美しく演出する効果、美白化粧品ならばメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果といった具合に、その製品に期待される効果を発揮することを有用性と言います。有用性は有用性試験によって実証されます。

有用性のある成分を有用成分と呼びます。有用成分の中でも、特定の目的があり、その目的を果たす成分として安全性と効果を厚生労働省から承認され、医薬部外品に用いることができる成分を有効成分と言います。一般化粧品においても有効成分という表現が見られることがありますが、有効成分と表現するのは誤りであり、一般化粧品では有用成分と言います。
<評価・試験の関連用語>
  • ex vivo
  • 感覚刺激テスト
  • 急性毒性試験
  • モニター試験
  • 皮膚一次刺激性
  • 感作性試験
  • 光毒性
  • 単回投与毒性試験
  • スティンギングテスト
  • ホームユーステスト
  • コメドジェニックテスト
  • 眼刺激性
  • 官能評価
  • 感作
  • つっぱり感
  • in vitro
  • 加速試験
  • in vivo
  • in silico
  • 皮膚アレルギー試験
  • 最終製品試験
  • 官能検査
  • 光感作性
  • 嗜好性
  • 閉塞貼付試験
  • クローズドパッチテスト
  • ペトリ皿
  • 毒性
  • 経時
  • 安全性
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(134)
    組織・団体(39) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(92) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(49)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.