サンバーン | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「サンバーン」の検索結果
<見出し語>
用語
サンバーン 日焼けや雪焼けで赤くほてってヒリヒリすること
1  (1/1)

<本文>

二次黒化

…が活発になることで、新しいメラニン色素が増加し、肌が黒くなる現象です。日を浴びて、一次黒化(即時黒化)、持続型即時黒化、サンバーンの順に現れ、サンバーンの3~4日後あたりから生じる黒化が二次黒化(遅延黒化)です。二次黒化は数ヵ月、長いと数年…

紫外線B波

…りエネルギーが強く、皮膚細胞のDNAを傷つけます。肌の表面にも急激に作用して炎症を起こし、皮膚をヒリヒリさせ赤くします(サンバーン)。皮膚の赤みが引いたあとは、メラニン色素の沈着によりサンタンが引き起こされたり、シミができたりします。また、…

遅延黒化

…サイトの働きが活発になることで、新しいメラニン色素が増加し、肌が黒くなる現象です。日を浴びて、即時黒化、持続型即時黒化、サンバーンの順に現れ、サンバーンの3~4日後あたりから生じる黒化が遅延黒化です。遅延黒化は数ヵ月、長いと数年続きます。…

遅延型黒化

…サイトの働きが活発になることで、新しいメラニン色素が増加し、肌が黒くなる現象です。日を浴びて、即時黒化、持続型即時黒化、サンバーンの順に現れ、サンバーンの3~4日後あたりから生じる黒化が遅延型黒化です。遅延型黒化は数ヵ月、長いと数年続きます…

持続型即時黒化

…が、この持続型即時黒化では茶褐色です。UVA防御指数(PA値)の評価に用いられる現象です。持続型即時黒化は、UVBによるサンバーン後に現れるサンタンの黒化とは異なります。持続型即時黒化は日に浴びて数時間のうちに現れ、持続型即時黒化が現れてか…

スキンタイプ

…75年に開発されたフィッツパトリック(Fitzpatrick)スキンタイプシステムを生かした分類で、具体的には、肌の色とサンバーンやサンタンの起こしやすさからⅠ~Ⅵまで6つに分類しており、それぞれ紫外線に対してどのくらい皮膚の抵抗力があるか…

肌トラブル

ニキビやシミ、肌の乾燥、肌あれ、サンバーンなどの症状や炎症、肌の不調のこと。睡眠不足やストレス、食生活の乱れ、紫外線、空気の乾燥などが原因となる。誤ったスキンケアや肌に合わない化粧品使用も肌トラブルの原因となる。…

炎症

…に様々な症状が発生すること。防御反応の一つ。肌の場合は、発熱や赤み、腫れが出たり、かゆみや痛みを感じるなどがあり、例えばサンバーンやニキビにともなう赤みも肌の炎症である。…

サンタン化粧品

…ます。日焼け用化粧品とも言われますが、決して日焼けを促進するものではなく、あくまでも日焼け止めの一種です。UV-Bによるサンバーンを防げてもUV-Aは浴びているのですからアフターサンケアは必要です。…

日光皮膚炎

日光に当たって日焼けし、皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりするサンバーンの状態のこと。主にUV-Bによる。紫外線皮膚炎とも言う。…

日焼け

紫外線を浴びることによって皮膚が炎症を起こしたり、赤くなったり、褐色になったりすること。サンバーンとサンタンがある。…

紫外線皮膚炎

日光に当たって日焼けし、皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりするサンバーンの状態のこと。主にUV-Bによる。日光皮膚炎とも言う。…

UVB

…ります。UVBは、大部分が表皮で散乱・吸収されますが、肌表面に急激に作用して炎症を起こして皮膚をヒリヒリさせ赤くします(サンバーン)。エネルギーが強く細胞の遺伝子にもダメージを与えます。皮膚の赤みが引いたあとにメラニン色素が活性してシミにな…

サンタン

サンタンはUV-AとUV-Bの両方によるもので、サンバーンによる肌のほてりやヒリヒリ感がおさまってくると肌が黒くなる現象のことです。その後、肌はカサカサして、やがて皮がむけたり、ごわごわしたりしてきます。紫外線を受けると約72時間後からメラ…

サンバーン

サンバーンはUV-Bによるもので紫外線が引き起こす急性皮膚炎の一つです。紫外線を受けると表皮細胞がダメージを受け、これが刺激となって毛細血管が拡張することにより肌が赤くなり、ほてったりひりひりしたりします。ひどい場合は水泡ができます。紫外線…

UV-B

…ます。UV-Bは、大部分が表皮で散乱・吸収されますが、肌表面に急激に作用して炎症を起こして皮膚をヒリヒリさせ赤くします(サンバーン)。エネルギーが強く細胞の遺伝子にもダメージを与えます。皮膚の赤みが引いたあとにメラニン色素が活性してシミにな…

紫外線

…ります。UV-B:大部分が表皮で散乱・吸収されますが、肌表面に急激に作用して炎症を起こして皮膚をヒリヒリさせ赤くします(サンバーン)。エネルギーが強く細胞の遺伝子にもダメージを与えます。皮膚の赤みが引いたあとにメラニン色素が活性してシミにな…

MED

…塗布しない部分の何倍であるかを示す値がSPFとなり、日焼け止め類はこのMEDをどこまで上げられるかということです。つまりサンバーンを起こすのに最低限の紫外線照射量がMEDです。SPF測定においては16~24時間後の状態を確認します。ここでい…

SPF

UV-B(紫外線B波)は、肌に強く作用し、赤く、ヒリヒリとしたサンバーンと呼ばれる炎症を引き起こします。SPF値はこのUV-Bをどれだけ防御できるかの目安となる数値でSPF50を最大とするもののSPF50より優位に高い場合には日本化粧品工業…
用語のカテゴリー

全般

全般(145) 皮膚のしくみ(127)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(134)
組織・団体(39) 資格(6)
海外(33) 新語(8)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(39) 剤型(16)
評価・試験(59)

マーケティング

商品開発(56) 調査(39)
表示(91) 施策(3)
マーケティング(49)

製品カテゴリー

スキンケア(124) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(38)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(40) 販促(40)
販売(89) 店舗・売り場(95)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(12) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(49)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.