光老化の意味

光老化【ヒカリロウカ、photoaging】
 
<用語解説>
光老化とは
光老化とは、紫外線による肌の老化のこと。
光老化について
老化の度合いや第三者からの見た目年齢は、単に加齢に伴う機能の衰えや遺伝的要素によるだけでなく、生活習慣や環境などにも大きく左右されます。肌の老化に関しても同様で、特に紫外線の影響は大きいと考えられています。

紫外線を長い年月浴び続けると、シワたるみ、ごわつき、しみなどが現れやすくなり、それによって老けた印象がもたらされます。このような紫外線による肌の老化症状を光老化と呼びます。

光老化はUV-Aによるものと考えられています。UV-Aを浴び続けることにより、真皮コラーゲン線維エラスチン線維がダメージを受けることが原因という考えです。同じ人の腕でも紫外線が当たりやすい外側とあまり当たらない内側では、肌の色や質感が異なることもあります。

年をとるにつれて紫外線ダメージは蓄積されていきますが、加齢による自然老化とは異なり原因や対策が明確な分、化粧品メーカーからは様々な対応製品や美容情報が出されています。
<紫外線の関連用語>
  • スキンフォトタイプ
  • 紫外線皮膚炎
  • スキンタイプ
  • 紫外線A波
  • A紫外線
  • サンケア指数
  • 遅延黒化
  • サンスマートプログラム
  • B紫外線
  • サンスクリーン剤
  • UVA
  • 持続型即時黒化
  • UVAPF
  • 遅発型黒化
  • サンタン
  • 紫外線防止剤
  • 紫外線B波
  • 光線過敏症
  • 一次黒化
  • 紫外線インデックス
  • ブロードスペクトラム
  • DT
  • 光老化
  • サンバーン
  • シミ
  • 臨界波長
  • 二次黒化
  • 即時型黒化
  • 遅延型黒化
  • UVR
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(129)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(141)
    組織・団体(48) 資格(6)
    海外(40) 新語(15)

    原料・中身

    成分(235) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(98) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(125)
    ベースメイク(86) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(106)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(106) パッケージ(53)
    その他(22)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(37) 広報・PR(23)
    印刷(14)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.