ヘアカラーの意味

ヘアカラー
 
<用語解説>
ヘアカラーとは
一度で毛髪内部からしっかり染める永久染毛剤のこと。
ヘアダイ、おしゃれ染めなどとも呼ばれ、白髪染めもヘアカラーの一種。
もっと詳しい「ヘアカラー」
ヘアカラー世界的に最も広く使われているものです。脱色すると同時に髪を内側から染めるため染毛力に優れ、一度染めると数ヵ月は色持ちします。シャンプーなどで落ちることもありません。医薬部外品です。

永久染毛剤の中でも酸化染毛剤をヘアカラーと呼びます。アルカリ成分が髪のキューティクルを開き、ヘアカラー剤を毛髪内部に浸透させます。毛髪内部での化学反応によりメラニン色素を脱色し、同時に酸化染料を発色させます。発色した酸化染料はキューティクルの隙間から出ることができないため、髪の内側でしっかり色が定着します。一度メラニン色素を脱色することで幅広い色味に染め上げることができ、黒髪でも明るい色に染められます。

有効成分の酸化染料が人によってはかぶれの原因になるため、使用上の注意として「48時間前のパッチテスト」を強くすすめる表示が義務付けられています。クリームタイプ、乳液タイプ、ムースタイプなど様々な剤型があります。

<ヘアケアの関連用語>
  • カラートリートメント
  • ヘアブリーチ
  • 鬢付け油
  • 半永久染毛料
  • トイレタリー
  • カラーリンス
  • カラーコンディショナー
  • タオルドライ
  • ピクシーカット
  • ヘアチョーク
  • パーマネントヘアカラー
  • アウトバストリートメン..
  • シャンプー
  • 頭皮
  • リンス
  • 整髪力
  • ヘアケア
  • おしゃれ染め
  • ヘアマニキュア
  • 仕上がり
  • 白髪染め
  • 酸化染毛剤
  • ブリランチン
  • アイパー
  • スカルプケア
  • ポマード
  • ハーフアップ
  • ヘアメイク
  • ヘアマスカラ
  • 洗い流し
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(42)
    新語(20)

    原料・中身

    成分(240) 技術・処方(94)
    機能・効果(51) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(61) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(55)

    製品カテゴリー

    洗浄料(5) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(11)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(25)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.