水溶性成分の意味

水溶性成分【スイヨウセイセイブン】
 
<用語解説>
水溶性成分とは
保湿などの目的で使われる水に溶ける成分。
もっと詳しい「水溶性成分」
水溶性成分は化粧品を形作る基本成分の一つで、様々な成分がありますが、単独使用よりも複数で使われたり、油性成分と組み合わせて使われたりすることが多いです。液状と粉状のものがあります。
液状の水溶性成分は化粧水から乳液クリームなど幅広く使用され、肌へのなじみを向上させたり、感触を調整したりするのによく使われ、代表的なものに精製水、肌の引き締め効果のあるアルコール保湿剤でもあるグリセリンなどがあります。
粉状のものには、乳化の安定化剤としてや感触調整、使用性をよくするためなどによく使われ、代表的なものに増粘剤であるカルボマーやカラギーナン、保湿・吸湿により水分を保持する効果に優れたヒアルロン酸などがあります。

現在は、一つで水溶性と油性両方の機能を持った成分もあります。
<成分の関連用語>
  • ブチルパラベン
  • TMG
  • 清涼剤
  • 有色顔料
  • ホワイトニング成分
  • シリコン
  • ミネラルオイル
  • 美容成分
  • 訴求成分
  • 鉱物油
  • 着色成分
  • DPG
  • 粉末
  • ホログラム
  • スクワレン
  • カチオン
  • W主剤
  • 油脂
  • グリセリン
  • 保湿成分
  • 誘導体
  • ヒアルロン酸
  • 水性成分
  • 美白有効成分
  • アニオン
  • 安定型ビタミンC誘導体
  • 親水性
  • 紫外線散乱剤
  • 香り
  • 着香成分
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(131) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(200) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(53)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(73) 施策(3)
    マーケティング(23)

    製品カテゴリー

    スキンケア(108) ベースメイク(79)
    ポイントメイク(51) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(36)
    販売(70) 店舗・売り場(56)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(32)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.