有効成分リストの意味

有効成分リスト【ユウコウセイブンリスト】
 
<用語解説>
有効成分リストとは
有効成分リストとは、薬用化粧品の種類毎に有効成分の規格及び分量の前例を示したリストのこと。
正しくは「いわゆる薬用化粧品中の有効成分リスト」という。

参考:「いわゆる薬用化粧品中の有効成分リストについて」(平成20年12月25付 薬食審査発第1225001号 審査管理課長通知)
薬用シャンプーと薬用リンスに関しては別途定められたため、1.シャンプーと2.リンスの項目は削除となる。
有効成分リストについて
有効成分リスト(いわゆる薬用化粧品中の有効成分リスト)では、薬用化粧品に該当する化粧水、クリーム、乳液・ハンドクリーム・化粧用油、ひげそり用剤、日やけ止め剤、パック、薬用石けん(洗顔料を含む)の種類別に、有効成分の規格及び分量の前例がリスト化されています。
シャンプーとリンスも含まれていますが、薬用シャンプーと薬用リンスについては平成26年に改めて定められたため、そちらを参照することとなります。

薬用化粧品は、医薬部外品として承認申請の対象となりますが、効能効果、用法及び用量、{剤型}等が既に承認されているものと同一性を有し、かつこの有効成分リストの範囲内である場合は、承認申請の際に有効成分の有効性と安全性に関する資料の提出は原則的に不要とされています。

参考:「薬用シャンプー及び薬用リンスの承認審査に係る留意事項について」(平成26年5月2日付 食審査発 0502 第1号)
<法律・基準の関連用語>
  • INCI名
  • 公競規
  • ISIC
  • 化粧品の分割販売
  • 一般化粧品
  • 医療機器
  • 薬監証明
  • 自然指数
  • 再生医療
  • ISO 26000
  • NG名称
  • エイジングケア
  • 化粧品等のインターネッ..
  • 自然由来指数
  • サステナブル
  • 化粧品基準
  • 資源有効利用促進法
  • 配合禁止成分リスト
  • 化粧品GMP
  • UVAロゴマーク
  • 化粧石けん
  • ISO 16128
  • 識別表示
  • 識別マーク
  • 化粧品原料基準
  • 医薬品等に使用すること..
  • 再商品化
  • 全成分表示
  • 薬用化粧品の効能効果の..
  • しばり表現
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(136)
    組織・団体(43) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(226) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(96) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(50)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(7)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.