紫外線散乱剤の意味

紫外線散乱剤【シガイセンサンランザイ】
 
<用語解説>
紫外線散乱剤とは
紫外線をはねかえすことで、皮膚や髪に紫外線が入り込むのを抑制する紫外線防止剤のこと。
紫外線吸収剤が化学的なしくみで紫外線を防御することに対し、紫外線散乱剤は物理的なしくみで紫外線を防御する。紫外線(UV)反射剤とも呼ばれる。
もっと詳しい紫外線散乱剤
紫外線散乱剤は金属の粉です。酸化チタンや酸化亜鉛などの粉末が鏡のように紫外線を反射することで有害な紫外線の作用が皮膚や髪に及ばないようにします。

日やけ止め化粧品でよく問題になる白浮きは粉末の影響です。白浮き以外にも金属アレルギーや汗・皮脂で流れてしまうなどの問題があるので、粉末をシリコーンなどで被膜することで肌に直接触れなくなったり、粉末の形や大きさを変えることで皮脂・汗に強く、白浮きもしにくくなったりしてきました。

肌への直接の接触が避けられるので、肌が高くかぶれるなどの症状が起こりにくいので、紫外線吸収剤に対して弱い肌にも使えるとして、子供用や敏感肌用の日やけ止め化粧品によく使われます。紫外線吸収剤不使用 日焼け止め と呼ばれるものは、この紫外線散乱剤のみを使用したUVカット商品のことで、ノンケミカルとも呼ばれます。
紫外線吸収剤に比べると、肌への刺激が弱く、配合上限制限がありません。また紫外線に当たり続けても散乱在自体が壊れることがないため防御機能が衰えないといった利点があります、粉末なので汗や水で流れやすいため適度に塗りなおすことがやはり大切です。
高SPFやレジャー用の製品では紫外線吸収剤も併用して配合することが一般的です。
<成分の関連用語>
  • 溶質
  • アンホ界面活性剤
  • ホホバオイル
  • カオリン
  • 白色顔料
  • メチルパラベン
  • TMG
  • 非イオン性界面活性剤
  • モイスチャーライザー
  • パール剤
  • ワセリン
  • オリーブ油
  • 変性アルコール
  • アルブチン
  • 水溶性成分
  • 混合
  • アミノ酸
  • 基原
  • 水溶性
  • カミツレエキス
  • 臭い
  • 海洋深層水
  • 色材
  • アルコール
  • インキネーム
  • 偏光パール
  • カチオン
  • 鉱物由来原料
  • カチオン界面活性剤
  • 天然成分
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(137) 皮膚のしくみ(107)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(122)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(219) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(84) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(73) 物流・流通(58)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.