グリセリンの意味

グリセリン
 
<用語解説>
グリセリンとは
無色透明で無臭の保湿剤。若干粘性があり甘みのあるシロップ状の溶液。
もっと詳しい「グリセリン」
グリセリンは空気中の水分を吸収し、肌表面のうるおいを保ったり、肌なじみをよくしたり、配合した化粧品の中身ののびをよくしたりします。また、保湿剤としてだけでなく香料の溶剤としてもよく用いられます。BGや`DPGと並び代表的な水溶性成分ですが、BGやDPGよりも高い保湿効果があり、化粧水からクリームまで幅広く使われています。
グリセリンは石けんや脂肪酸製造時の副産物を脱水、脱臭などの精製をすることで得られますが、現在では化学合成の比率が高くなっています。

グリセリンは密閉していないと空気中の成分をどんどん吸収していきます。また水と混ざると発熱する性質があり温感化粧品はこの性質を利用しています。グリセロールとも呼ばれることもあります。

●表示名称とINCI名
【表示名称】グリセリン、【INCI名】GYLCERIN
<成分の関連用語>
  • 鉱物由来原料
  • マイクロプラスチックビ..
  • 有効成分
  • 訴求成分
  • アミノプロピルジメチコ..
  • 製剤
  • アデノシン三リン酸2N..
  • 増粘調整剤
  • カラミン
  • 配合
  • アニオン
  • シリコン
  • 臭い
  • 粉状
  • 動物油
  • グリッター
  • 油溶性
  • マイカ
  • 金属イオン封鎖剤
  • 非親水性
  • 増粘剤
  • 染料
  • 補助成分
  • カチオン
  • ホホバオイル
  • 苛性ソーダ
  • アルコール
  • 酸化亜鉛
  • ツバキ油
  • 酸化防止剤
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.