肌理の意味

肌理【キメ、texture】
 
<用語解説>
肌理(キメ)とは
肌理(キメ)とは、皮膚を拡大すると見える皮膚表面の細かい網目のような凹凸模様のこと。
肌のキメについて
モノの表面の細かい紋様のように見える凹凸をキメと言いますが、化粧品の世界でキメと言うと通常は肌のキメを指します。

肌の表面を拡大して見ると、溝のような細長いくぼみと高まりが網目のようにたくさんあることがわかります。このくぼみを皮溝、高まりを皮丘と言い、この網目状を「肌の肌理(キメ)」と言い、手のひらと足の裏をのぞいてほとんどの皮膚表面にあります。

皮溝が交差しているところにある小さな孔(穴)は、毛包の出口で毛孔と言います。皮丘はほぼ三角形をしており、中心部に1個ずつある孔(穴)はエクリン腺から出る汗の出口で汗孔と言います。

肌のキメは、性別や年齢によって異なり、同じ人でも体調や気温、湿度、紫外線などの影響で変化することがあります。一般的に年齢が若いほど、そして男性よりも女性の方が、キメが細かくととのっています。

キメの美しさは、皮溝の幅や深さと皮丘の大きさや高さ、毛孔の大きさ、そしてこれらが均一に揃っているかどうかで決まります。
キメがととのっているというのは、一つ一つの網目がはっきりとした(三角形がはっきりとした)状態です。キメは肌に緻密な質感を与え、キメがととのった肌はしっとりなめらかで透明感があります。一方、キメがあらかったり、はっきりしない(くぼみと高まりがなく平坦)肌は、べたつきやかさつき、くすみなどが生じやすい状態です。

「肌理」と書き「キリ」と読まれることもあります。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • メラニン生成
  • 角質細胞
  • メラノサイト
  • 脂漏部位
  • ケラチノサイト
  • メラニン色素
  • 角質
  • 有棘細胞
  • 樹状突起
  • 皮丘
  • 膠原線維
  • 脂腺
  • 立毛筋
  • 基底膜
  • アポクリン腺
  • 錯角化
  • コラーゲン
  • 慢性微弱炎症
  • エクリン腺
  • 皮溝
  • 色素細胞
  • ホメオスタシス
  • 皮下組織
  • 色素形成細胞
  • モイスチャーバランス
  • 角化
  • デンドライト
  • エラスチン線維
  • 角栓
  • アクネ桿菌
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(118)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(124)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(221) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(27)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.