ふきとり化粧水の意味

ふきとり化粧水【フキトリケショウスイ】
 
<用語解説>
ふきとり化粧水とは
コットンで拭き取ることで素肌の汚れや古い角質、ライトメイクなどを落とせる軽い洗浄効果のある化粧水のこと。
ふきとり化粧水の特長
ふきとり化粧水は、コットンに含ませて軽いメイクや汚れを拭き取るとい物理的作用を伴ってその効果を発揮するスペシャルケアに位置づけられるアイテムです。
日本では使用率の低いアイテムですが、欧米では洗浄アイテムにはたいてい化粧水タイプもラインナップされ、洗顔後、あるいは朝ならば洗顔の代わりに使われほど定着しているアイテムです。
ふきとり化粧水の剤型と具体的な構成成分
ふきとり化粧水は、洗浄剤が配合されていること、さらに洗浄効果を高めるために界面活性剤やエタノール、保湿剤が多めに配合されていることが特徴です。これらの配合量を上げると洗浄効果は高まりますが、ベタついてしまうため、ライトメイク落としまでの洗浄効果にとどめられていることが一般的です。
<スキンケアの関連用語>
  • リンスオフ
  • バーム
  • 化粧落とし
  • 日中用
  • リッチ
  • シートマスク
  • 洗顔パウダー
  • クレンジング乳液
  • シャバシャバ
  • 乳液
  • クレンジングシート
  • エッセンスマスク
  • メイク落とし
  • パック
  • しっとり
  • リンパドレナージュ
  • 美容液
  • 専用クレンジング
  • 中和法
  • クレンジングティッシュ
  • スキンケア性
  • 昼用
  • アンチエイジング
  • クレンジングローション
  • 柔軟化粧水
  • 洗い流し
  • 水洗顔
  • コットンパック
  • クレンジングコットン
  • こってり
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(137) 皮膚のしくみ(100)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(119)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(216) 技術・処方(83)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(14)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(83) 施策(3)
    マーケティング(25)

    製品カテゴリー

    スキンケア(110) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(52) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(56)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(74) 物流・流通(58)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(79) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(39)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(20)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.