可溶化の意味

可溶化【カヨウカ、solubilization】
 
<用語解説>
可溶化とは
可溶化とは、本来は水に溶け込まない油が水に溶けてしまったように透明になる現象のこと。
可溶化について
水と油は本質的に溶けあいませんが、油を非常に小さい粒子として分散させ、透明に溶けあったように見える現象を可溶化と言います。

界面活性剤同士を親油基を内側、親水基を外側にして集合させると、内側は水との接触がないため油を取り込むことができます。この集合体をミセルと呼びますが、ミセルは乳化粒子よりさらに小さい粒子で、直径が光の波長より短いことで透明な状態に見えます。可溶化に重要な役割を果たしている界面活性剤を可溶化剤と呼びます。

ほとんどが水溶性成分から構成される化粧水が、保湿剤や脂溶性ビタミンなどの油性成分を配合しながらも透明な外観を保てるのは、この可溶化によるものです。化粧水だけでなく、透明なジェルにも可溶化の技術が用いられます。
<技術・処方の関連用語>
  • ノンケミカル
  • ネガティブリスト
  • ロングラスティング
  • 皮脂コントロール
  • 水溶性成分
  • 三次元培養皮膚モデル
  • 製剤
  • マスキング賦香
  • 原料臭
  • カラークリエーション
  • セカンドスキン
  • 水溶性
  • フォーミュラ
  • 非親水性
  • 乳化
  • 試作品
  • 溶媒
  • 最終試作品
  • オーパーダブル
  • 有効成分
  • 薬剤
  • 乳剤
  • 転相
  • ダブルパーオー
  • ウオータープルーフ
  • 香料フリー
  • バルク
  • ポジティブリスト
  • 処方開発
  • 微賦香
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(42)
    新語(20)

    原料・中身

    成分(240) 技術・処方(94)
    機能・効果(51) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(61) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(55)

    製品カテゴリー

    洗浄料(5) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(11)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(25)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.