パラベンの意味

パラベン
 
<用語解説>
パラベンとは
防腐剤として広く使用される抗菌力のある成分。
もっと詳しい「パラベン」
パラベンは無色か白色の結晶性粉末です。
ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンなど複数種類ありますが、総称してパラベンと呼ばれることが一般的です。種類によって抗菌力の高いものから低いものまであり、抗菌力の高い順に、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルパラベンとなります。

肌への刺激が強いというイメージが持たれることが多いですが、防腐力のある保湿剤との組合せや抗菌力のあるアルコールや香料との組合せなどにより、防腐効果はそのままにパラベンをはじめとする防腐剤の配合を減らせるよう処方技術はますます向上しています。

コスメコンシェルジュより一言

パラベンフリー」イコール「防腐剤フリー・防腐剤無添加」と捉えられていることがありますがそれは違います。パラベンが配合されていないだけで他の防腐剤が配合されている可能性はありますし、実際その可能性が高いでしょう。

化粧品の品質を守るためにむやみやたらにパラベンが配合されているわけではありません。パラベンに限ったことではありませんが、多くの化粧品会社では独自の安全基準を設け、かつできるだけ配合量を抑えて商品設計しています。

パラベンは古くから多くの国で商品品質を維持するために化粧品に使われてきた安全性の高い防腐剤で、食品や医薬品にもずっと使われてきています。パラベンフリーという言葉に固執して、素晴らしい化粧品との出会いを逃してしまったり(パラベンは自分の肌に何の問題もないのに)、逆にパラベン以外の防腐剤が原因で肌がかぶれてしまったりするのは避けたいこと。「パラベンフリー」の意味を誤解しないようにしましょう。
<成分の関連用語>
  • 水添
  • ポジティブリスト
  • ツバキ油
  • 天然由来原料
  • ホログラム
  • ブチルパラベン
  • 油性成分
  • プレミックス
  • 清涼剤
  • シリコーン
  • 着色顔料
  • ホホバ油
  • 粉末成分
  • 基本成分
  • 水溶性成分
  • 紫外線吸収剤
  • 苛性ソーダ
  • アルカリ性物質
  • 美白薬剤
  • リン酸アスコルビルMg
  • 天然成分
  • APM
  • pH調整剤
  • 混合
  • 紫外線散乱剤
  • 美容成分
  • 油脂
  • 主剤
  • キャリーオーバー
  • ホホバ種子油
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(131) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(204) 技術・処方(81)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(14)
    評価・試験(53)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(73) 施策(3)
    マーケティング(23)

    製品カテゴリー

    スキンケア(110) ベースメイク(79)
    ポイントメイク(51) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(36)
    販売(70) 店舗・売り場(56)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(32)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.