エモリエント剤の意味

エモリエント剤【エモリエントザイ】
 
<用語解説>
エモリエント剤とは
エモリエント剤とは、エモリエント効果を発揮する成分のこと。エモリエント剤は、肌や髪の水分が蒸散しないようガードし、肌や髪の表面を柔らかくする油溶性の成分。
油剤や油性成分ともいう。
エモリエント剤について
エモリエント剤とは、肌や髪の水分が蒸散しないようガードし、肌や髪の表面を柔らかくする油溶性の成分です。エモリエント剤は一般的に油分として化粧品によく配合されます。

エモリエント剤そのものは水分保持力はあまりありませんが、水分蒸散抑制や疎水という機能があり、皮膚表面に塗布することで皮膚からの水分蒸散を抑制し、結果的に皮膚の水分量は保たれ、保湿力が高まります。肌表面を柔らかくする効果もあります。

エモリエント剤には、天然油脂や脂肪酸エステル、ラノリンなどがあります。

肌をうるおわすという点ではエモリエント剤と保湿剤は同じですが、そのメカニズムが異なります。エモリエント剤は、保湿剤によって保持される水分が肌から出ていかないよう、肌の表面に膜を張って水分蒸散を防ぎます。
<成分の関連用語>
  • 薬剤
  • バイオヒアルロン酸
  • 金属イオン封鎖剤
  • ホホバ種子オイル
  • W主剤
  • パラベン
  • オーガニック由来原料
  • 溶液
  • ホホバ種子油
  • ホワイトニング成分
  • キャリーオーバー
  • ブチルパラベン
  • ジメチコン
  • パール剤
  • 有色顔料
  • ワイルドハーベスト
  • 基原
  • ワセリン
  • グリセリン
  • 酸化亜鉛
  • アスコルビン酸
  • 合成成分
  • 粉状
  • エモリエント剤
  • マカデミアナッツ油
  • 臭い
  • INCI名
  • 鉱物油
  • 天然原料
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(140) 皮膚のしくみ(123)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(133)
    組織・団体(31) 資格(6)
    海外(19)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(32)
    表示(87) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(59)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(21) 健康食品(21)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(39) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.