着色顔料の意味

着色顔料【チャクショクガンリョウ】
 
<用語解説>
着色顔料とは
色調調整をし基本的な色味をつくるのに使われる粉末のこと。主な色は赤、黄、黒、白の4色。有色顔料と呼ばれることもある。
もっと詳しい「着色顔料」
着色顔料は無機顔料の一種で、主に赤色、黄色、黒色、白色の粉です。これらの粉を顔料として混ぜ合わせ、その化粧品の色調のベースが作られます。例えば、ファンデーションでは着色顔料で基本の色味を作り、体質顔料で濃淡や感触を調整し、真珠光沢顔料で輝き感を調整します。
赤色の粉はべんがら、黄色の粉は黄酸化鉄、黒色の粉は黒酸化鉄ですが、全成分表示は3色とも同じ酸化鉄となります。白色の粉は酸化チタン酸化亜鉛です。
水や油の中に分散しやすくするため、着色顔料はコーティングをすることで粉自体の性質を変えて使われることが一般的です。
<成分の関連用語>
  • 酸化亜鉛
  • 炭化水素
  • 苛性ソーダ
  • TMG
  • 保湿剤
  • 香り
  • pH調整剤
  • 二酸化チタン
  • 着香成分
  • 紫外線散乱剤
  • IUPAC名
  • 全成分表示
  • トレーサビリテイ
  • 脱色剤
  • 基剤
  • タルク
  • ノニオン界面活性剤
  • カミツレエキス
  • 薬剤
  • アミノ酸
  • 鉱物由来原料
  • 精製水
  • 天然香料
  • 酸化鉄
  • 水性成分
  • 球状粉体
  • DPG
  • マカデミアナッツ油
  • AA2G
  • ラメ
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(42)
    新語(20)

    原料・中身

    成分(241) 技術・処方(95)
    機能・効果(51) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(17)
    評価・試験(61)

    マーケティング

    企画開発(61) 調査(40)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(55)

    製品カテゴリー

    洗浄料(6) スキンケア(127)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(11)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(80) 物流・流通(66)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(108)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(41) 広報・PR(25)
    印刷(16)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  プライバシーポリシー  |  ガイドライン・事例早引き
    Copyright(C) 2024 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.