不当景品類及び不当表示防止法の意味

不当景品類及び不当表示防止法【ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじほう】
 
<用語解説>
不当景品類及び不当表示防止法とは
消費者の判断を惑わせる不当な景品や不当表示を防ぐ消費者庁管轄の法律。
「景品表示法」や「景表法」と略される場合も多い。
もうちょっと詳しく
消費者が正しく商品を選ぶために、誤解を与えるような表示を防ぎ、メーカー間の公正な競争を確保することを目的としています。
なぜなら、実際より良く見せかけた表示や過大な景品付き販売などに魅力を感じた消費者が実際には質の良くない商品やサービスを買ってしまい不利益を被るおそれがあるためです。具体的には、商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するとともに、過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することにより、消費者の購買と選択の視点からの規制が定められています。
1962年に施行で公正取引委員会が運用していましたが、2009年9月に消費者庁に移管されました。

さらに、この「不当景品類及び不当表示防止法」を根拠にした化粧品の表示に関する「公正競争規約」があります。
<法律・基準の関連用語>
  • 化粧石けん
  • 許可色素
  • 無添加化粧品
  • 公正競争規約
  • 並行輸入
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • マイクロプラスチックビ..
  • 愛称
  • 再商品化
  • 人体に対する作用が緩和..
  • 配合禁止成分リスト
  • 化粧品原料基準
  • ISO26000
  • 材質表示
  • 一般化粧品
  • インキネーム
  • 化粧品の規制緩和
  • GMP
  • 製造販売元表示
  • 数値訴求
  • 薬事監査証明
  • 旧表示指定成分
  • 表示指定成分
  • 化粧品GMP
  • NG表現
  • SPF
  • 薬用化粧品
  • 特殊用途化粧品
  • 化粧品品質基準
  • 発売元表示
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(131) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(200) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(53)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(73) 施策(3)
    マーケティング(23)

    製品カテゴリー

    スキンケア(108) ベースメイク(79)
    ポイントメイク(51) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(36)
    販売(70) 店舗・売り場(56)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(32)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.