費用対効果の意味

費用対効果【ヒヨウタイコウカ】
 
<用語解説>
費用対効果とは
価格に対する効果や満足感の割合のこと。コストパフォーマンスとも言う。
「費用対効果が高い」と言うと、その化粧品の購入価格から想像する以上の効果が感じられ満足している状態のこと。高価格のものは品質が良くて当たり前という認識が一般的なため、「費用対効果が高い」という表現は中低価格帯でも品質が良いという意味で使われる。反対に、高価格の化粧品が価格から想像していた効果や満足感を得られない場合は「費用対効果が低い」と言われる。
<全般の関連用語>
  • ポーヨーベジタリアン
  • コスメ
  • トイレタリー
  • 化粧品の品質特性
  • レフィル
  • 幹細胞
  • 制度品
  • 抜け感
  • 旧薬事法
  • 客セン
  • R&D
  • 医薬部外品
  • 上半期
  • 肌効果
  • 製造販売
  • 店頭活動
  • 競合
  • 口紅が汗をかく
  • SS
  • コンペティター
  • ロールプレイ
  • マス
  • ピアスホール
  • ブランドホルダー
  • 仕上用化粧品
  • 薬店
  • 試買
  • 光の干渉作用
  • コスメフリーク
  • 薬局
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(131) 皮膚のしくみ(95)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(100)
    組織・団体(26) 資格(5)
    海外(16)

    原料・中身

    成分(200) 技術・処方(77)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(13)
    評価・試験(53)

    マーケティング

    商品開発(50) 調査(27)
    表示(73) 施策(3)
    マーケティング(23)

    製品カテゴリー

    スキンケア(108) ベースメイク(79)
    ポイントメイク(51) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(55)
    フレグランス(49) ネイル(25)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(72) 物流・流通(50)
    輸出入(23)

    営業・販売

    接客(36) 販促(36)
    販売(70) 店舗・売り場(56)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(28)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(37)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(15)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(32)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.