細胞間脂質の意味

細胞間脂質【サイボウカンシシツ、(stratum corneum) intercellular lipid】
 
<用語解説>
細胞間脂質とは
細胞間脂質とは、角層の細胞と細胞の間の隙間を満たしてバリア機能と水分保持機能を発揮する脂質のこと。
本来は角層細胞間脂質や角質細胞間脂質と呼ばれるものであるが、単に細胞間脂質と呼ぶのが一般的。
細胞間脂質のはたらきと成分
皮脂膜が肌表面で水分蒸発を防ぐのに対し、細胞間脂質は肌内部で水分を保持します。細胞間脂質は、水となじみやすい層と油となじみやすい層があり、それらが何層にも重なりあって(ラメラ構造)、バリア機能や水分保持機能を果たします。

細胞間脂質は、表皮角層の中で、細胞と細胞のすき間を満たして角層細胞同士をつなぎ、角層をきれいな層に整える役割をしています。そのため、角層細胞をレンガ、細胞間脂質をレンガとレンガを接着するセメントとよく例えられます。
バリア機能が良好な肌は、細胞間脂質がセメントとしての役割をしっかり担い(細胞と細胞の間を隙間なくきっちり満たす)、水分を逃がさず、外からの刺激を中に侵入させない構造になっています。しかし、バリア機能が低下した肌は、セメントが不十分なため(細胞間脂質が減少している)、細胞と細胞の間が隙間だらけで、水分が逃げやすく、外的刺激も入りやすい状態になります。

細胞間脂質は、セラミドをメインに、コレステロール、脂肪酸などから構成されています。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • セラミド
  • 皮丘
  • フォトスキンタイプ
  • 細胞外マトリックス
  • 色素形成細胞
  • 角化細胞
  • メラニン細胞
  • 色素細胞
  • 錯角化
  • 基底細胞
  • 即時黒化
  • チロシナーゼ
  • アクネ菌
  • 情報伝達物質
  • 弾性線維
  • 樹状突起
  • コラーゲン
  • アポクリン腺
  • 古い角層
  • 乳頭
  • 小汗腺
  • 膠原
  • メラニン合成
  • バリア機能
  • 顆粒層
  • 角片
  • 基質
  • 肌理
  • チロシン
  • pH
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(137) 皮膚のしくみ(118)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(122)
    組織・団体(27) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(221) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(30)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(52) 調査(27)
    表示(84) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(116) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(20)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(73) 物流・流通(58)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(90) パッケージ(34)
    その他(13)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(30) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.