ホメオスタシスの意味

ホメオスタシス【homeostasis】
 
<用語解説>
ホメオスタシスとは
ホメオスタシスとは、環境が変わっても身体の状態を一定に保とうとする機能のこと。
恒常性や生態恒常性、恒常性維持、恒常性維持機能などともいう。
ホメオスタシスについて
ホメオスタシスとは、どんな環境においても正常な生体内活動が維持できるよう、置かれた環境の変化に合わせて、常に体内の状態を一定に保とうとする機能です。

人間をはじめとする生物に先天的に備わっている働きで、ホメオスタシスは生命活動の基本です。ホメオスタシスが崩れると体調不良や病気などのトラブルにつながりやすくなります。例えば、寒いと体温が逃げるのを防ぐために鳥肌が立ち、暑いと体温を逃がすために汗をかくことで、体温が良好な状態で維持されるのもホメオスタシスによります。

肌の傷が自然に治ったり、日やけした肌が回復したりするのも、肌が自ら本来の美しく健やかな状態に戻ろうとするホメオスタシスの働きによります。このように肌にも自ら健やかな状態であろうとする能力があります。

しかし、その肌の能力も紫外線酸化、温度、湿度などの外部環境や、疲労やストレス、病気、加齢などによるダメージが過度になると、ホメオスタシスのバランスが崩れ、自ら健やかな状態に戻ろうとする力が追い付かず、肌の不調や肌悩みにつながります。

スキンケア落として補って守るの一連のステップは、肌のホメオスタシスを高めるために有効な手段の一つです。
<皮膚のしくみの関連用語>
  • ノネナール
  • 遅延黒化
  • 即時型黒化
  • 天然保湿因子
  • 小汗腺
  • 乳頭層
  • ホメオスタシス
  • モイスチャーバランス
  • 即時黒化
  • 独立皮脂腺
  • エクリン汗腺
  • 基底層
  • 皮膚紋理
  • 角層
  • 基底細胞
  • プラスミン
  • 顆粒細胞
  • キメ
  • 皮膚
  • 網状層
  • 汗腺
  • 皮丘
  • NMF
  • メラニン色素
  • 肌理
  • 間質
  • スキンタイプ
  • 健やかな肌
  • 大汗腺
  • アクネ桿菌
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.