競合 | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「競合」の検索結果
<見出し語>
用語
競合 消費者を取り合う状態にある競争相手
競合他社 競合関係にある他の企業
1  (1/1)

<本文>

クルエルティフリーインターナショナル

… China pilot program があります。これは、クルエルティフリーインターナショナルと中国の複数の企業との競合事業として、中国本土で生産をすることで動物実験を回避するというプロジェクトで、初めてLeaping Bunnyブラン…

ブランド連想

…ブランドAに興味や親近感を抱き、製品購入する可能性が高まります。そこで企業は、ブランドに好印象で強力な連想を築くことで、競合他社と差別化し、消費者との精神的距離を縮めます。ブランド連想は常にポジティブであるとは限りません。多くの化粧品ブラン…

ブランド助成想起

…あげて「この中で聞いたことのあるブランドはありますか」と聞いたりします。複数ブランド名を出す際は、同業ブランドとし、通常競合ブランドは必ず含めます。通常はブランド助成想起率をもって種々の検討に生かします。ブランド助成想起は、ブランド純粋想起…

有利誤認表示

一消費者に対し、自社の商品やサービスの価格や取引条件が実際よりも、あるいは事実でないのに競合事業者よりも、相手方(顧客)に著しく有利であると誤認させる表示を有利誤認表示と言います。これはお得だと消費者に思わせておいて実は表示されているような…

優良誤認表示

…消費者に対し、自社の商品やサービスの品質や規格、その他の内容が実際よりも著しく優良であると誤認させたり、事実ではないのに競合他社より著しく優良であると誤認させる表示を優良誤認表示と言います。品質とは原材料や純度、添加物、性能、鮮度などのこと…

ブランドパーソナリティ

…でもらうために重要な個性がブランドパーソナリティです。〇ブランドパーソナリティの重要性ブランドパーソナリティの重要性は、競合他社と差別化し、より深いレベルで顧客とつながり、顧客のブランドへの忠誠心を刺激してブランドロイヤルティを高めることで…

カニバリ

カニバリとは、同じ会社内や同じブランド内で商品やサービスなどが競争してしまっている状態のこと。例えば、本来競合相手ではない自社内にある異なるブランド同士で、お互いの売り上げを取り合っている状態。身内で顧客を取り合い、Aブランドが売れるとその…

棲み分け

棲み分けとは、あえて競争せず、それよりも違った顧客やニーズに対応していくことで利益を得て行こうという戦略です。競合関係にある他企業と棲み分けるだけでなく、同じ会社内に複数ブランドがある場合などにはカニバリを起こさないよう、それぞれ異なる顧客…

目隠しテスト

…よう、テスト参加者の判断に影響を与える要素を取り除きます。例えばパッケージ調査において、自社製品のデザインや使いやすさを競合品複数と比較する場合、それらが市販されているままの状態だったり、ブランド名が簡単にわかる状態で出されていると、テスト…

ブラインドテスト

…よう、テスト参加者の判断に影響を与える要素を取り除きます。例えばパッケージ調査において、自社製品のデザインや使いやすさを競合品複数と比較する場合、それらが市販されているままの状態だったり、ブランド名が簡単にわかる状態で出されていると、テスト…

ポジショニング

…で市場でどのような存在感になっているかを確認し、以降の戦略を立てたり、リポジショニングを図ったりするのに生かします。また競合他社との競争のためのポジショニングだけでなく、自社に複数ある製品の特長を消費者にわかりやすく示すための製品ポジショニ…

異業種

…在は様々な業種が化粧品に関わっているので、その企業のメイン事業においては異業種であっても化粧品に関わる事業では同業であり競合相手ということになります。食品会社やフィルム会社などがそれまでの事業で培った技術を生かして化粧品の研究開発から販売ま…

官能評価

…や持つイメージが異なるため、関係者で共有できるよう官能的な項目をデータ化するのです。数々の試作品や参考となる自他社製品、競合品の単体評価や比較評価を行い、「これで行こう」という基準品を決定します。基準品が決まるまでに何十~100以上の試作品…

競合他社

競合関係にある他の企業のこと。…

薬事監査証明

…必要な時、海外の自社工場や販売会社などから取り寄せなければならず、その度、薬事監査証明の交付を受けることになります。また競合品研究として日本未発売の他社製品を海外で購入し取り寄せるケースでも薬事監査証明の交付がなければ通関できず、買った商品…

差別化

差別化とは競合他社とは異なる消費者ベネフィットを打ち出していくことです。自社のブランドや製品の競争力を高めるため、競合するブランドや製品とは異なる消費者ベネフィットを自社ブランド・製品に持たせます。単に違いを付けるというのではなく、その違い…

他社品

他の会社の製品、特に競合となる他社の製品のこと。…

競合

ターゲットや価格帯などにおいて重なる部分があり消費者を取り合うような競争相手となっている相手。競合他社、競合ブランド、競合製品など。…

コンペティター

競合する商品やブランドなど競争相手のこと。…

試買

…つまり、プライベート使用のためではなく、調査や研究など業務として他社の化粧品を購入すること。特に商品開発過程においては、競合他社品について、その使用性や使い勝手などを直接確認したり、成分分析をしたり、パッケージ調査時の比較サンプルとしたりす…

試買

主に他社製品を試し買いすること。特に他社の競合製品を試買することがよくある。その製品の配合成分や使用性、パッケージデザイン、能書などを確認したり、そららの点を自社製品と比較するための調査にサンプルとして用いたりする。…

美容液

…れやすい性格があるため、他ブランドユーザーでも使いやすいアイテムです。化粧品会社や販売店においては、美容液をきっかけに、競合するブランドやお店の愛用者と接点を持てるというマーケティング上の役割もあります。〇剤型美容液の剤型は、液状、乳液状、…

製品設計

…の方向性や製品仕様をまとめた、まさにその製品の設計図のようなものです。具体的には、●消費者の嗜好や潜在意識などのニーズ●競合情報や市場特性などの環境●基礎研究や応用研究などのシーズを分析し、設計内容につなげます。そのときにブランドイメージや…
用語のカテゴリー

全般

全般(144) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(133)
組織・団体(38) 資格(6)
海外(32) 新語(7)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(39)
表示(90) 施策(3)
マーケティング(39)

製品カテゴリー

スキンケア(123) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
雑貨(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(39) 販促(39)
販売(85) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)

手入れ法・施術

フェイシャル(2) ボディ(2)
ネイル(0) ヘア(5)
美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

材料・外装

容器(101) パッケージ(47)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.