肌トラブル | 化粧品・コスメ辞書ならコスメ・コンシェル

「肌トラブル」の検索結果
<見出し語>
用語
肌トラブル ニキビやシミ、肌の乾燥、肌荒れなどの症状や炎症、肌の不調
1  (1/1)

<本文>

肌トラブル

…のこと。睡眠不足やストレス、食生活の乱れ、紫外線、空気の乾燥などが原因となる。誤ったスキンケアや肌に合わない化粧品使用も肌トラブルの原因となる。…

肌悩み

改善したい、気に入らないなど、その人が自分の肌に対してネガティブに捉えている肌状態のこと。肌トラブルを起こしている状態とは限らず、何のトラブルがない肌でも本人が気にする状態や症状があれば肌悩みという。逆に肌あれやニキビなどの肌トラブルを起こ…

敏感肌

ちょっとした刺激に反応して肌トラブルを起こしやすい肌のこと。…

自主回収

自主回収の理由として、例えば以下のようなことがあげられます。●異物混入や容器のバリ発覚使った消費者が肌トラブルや手指の怪我などの被害を受ける可能性がある欠陥●成分名称の誤りやレーベルの貼り間違え、化粧品の効能効果の範囲を超えた訴求消費者に誤…

テカリ

…すい。適度にあぶらとり紙やハンカチでおさえることが大切。放っておくと化粧崩れをしたり、毛穴づまりやチリや埃の付着によって肌トラブルにつながりやすい。…

活性酸素

…化ですが、肌でも同じようなことが起こっていることから「肌がさびる」という表現が使われるようになりました。〇活性酸素による肌トラブルと活性酸素が発生する原因特に過酸化脂質は真皮層にもダメージを与えます。この過酸化脂質によるコラーゲン線維やエラ…

フリーラジカル

…態です。このようにフリーラジカルは反応性が高く、次々と分子を奪いながら(酸化させながら)細胞に酸化ストレスを与え、様々な肌トラブルを引き起こす原因になるのです。〇フリーラジカルによる肌ダメージフリーラジカルは生体内で生成されますが、紫外線や…

エクリン腺

…塩分や尿素により皮膚のpHがアルカリ性に傾き、肌がピリピリすると感じたり、肌の抵抗力が弱まったり、ニキビが悪化するなどの肌トラブルにつながるので、塩分や尿素を一緒に取り除けるよう汗をかいたらティッシュやハンカチで肌をおさえることが大切です。…

pH

…るので、洗顔後の肌はpH8程度のアルカリ性に傾きます。アルカリ性に傾いた肌は、刺激を受けやすくデリケートな状態で、様々な肌トラブルを起こしやすくなりますが、正常な皮膚ならば皮脂や汗によって中和され5~10分で弱酸性のpHに戻るので問題ありま…

モニターテスト

…ト用紙に記入したり、肌状態を機器測定するために必要な場所に出向いたりなど、拘束されることが多いですが謝礼は出ますし、もし肌トラブルが発生した場合は使用を中断して構わないなどモニターへの配慮は十分されています。通常、化粧品会社ではインナーテス…

モニター試験

…ト用紙に記入したり、肌状態を機器測定するために必要な場所に出向いたりなど、拘束されることが多いですが謝礼は出ますし、もし肌トラブルが発生した場合は使用を中断して構わないなどモニターへの配慮は十分されています。通常、化粧品会社ではインナーテス…

ドライスキン

…い肌です。ファンデーションがのりにくく、粉を吹いたようにかさつくこともあります。バリア機能が低下しやすいため刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすい肌タイプです。肌を拡大してみると毛穴が小さく、キメがはっきりしていません。…

乾燥肌

…い肌です。ファンデーションがのりにくく、粉を吹いたようにかさつくこともあります。バリア機能が低下しやすいため刺激に弱く、肌トラブルを起こしやすい肌タイプです。肌を拡大してみると毛穴が小さく、キメがはっきりしていません。…

オイリースキン

…脂量が多く、水分量は適度にあります。皮脂分泌が過剰なため化粧崩れしやすく、また毛穴のつまりや開き、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルが起きやすいです。肌を拡大してみるとキメが粗く、毛穴が大きいことがわかります。…

脂性肌

…脂量が多く、水分量は適度にあります。皮脂分泌が過剰なため化粧崩れしやすく、また毛穴のつまりや開き、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルが起きやすいです。肌を拡大してみるとキメが粗く、毛穴が大きいことがわかります。…

ターンオーバー

…胞と最後に角層からはがれ落ちる細胞のバランスが取れている状態です。このバランスが崩れると、角質肥厚や不全角化などが生じ、肌トラブルの原因となります。ターンオーバーが遅いと、角層細胞が肌からなかなかはがれ落ちないため過剰に重なり、角層が厚くな…

バリア機能

…す。バリア機能が低下すると、角層の水分が保てなくなり、汗や摩擦、紫外線などの外部からの刺激により、肌の乾燥をはじめ様々な肌トラブルを起こしやすい状態となります。一般的に「敏感肌」と呼ばれる肌もバリア機能が低下している肌です。肌のバリア機能は…

旧表示指定成分

…より1980年9月から2001年3月まで表示が義務付けられていた成分のこと。使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として薬事法によって化粧品への表示を義務付けられた表示指定成分のこと。2001年の薬事法…

化粧品の規制緩和

…頼できる企業や商品を選ぶこと、が重要です。規制緩和の一方で、消費者への情報提供策として義務づけられたのが全成分表示です。肌トラブルの原因になる成分は従来の表示指定成分だけではありませんから、旧表示指定成分であるか否かにかかわらず化粧品に配合…

サンプル

…が(しかし長期保存したものは禁物)、初めて使う化粧品のサンプルを旅先で使用するには注意が必要です。サンプルを使って万が一肌トラブルが発生した場合に、それがその化粧品のせいなのかどうかを判断するためにも、いつも通りの環境で、肌の調子が悪い時を…

表示指定成分

…いて当時の厚生省が成分の名称を記載しなければならないと指定した成分のこと。「使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」として成分名を表示することが義務付けられた成分。…
用語のカテゴリー

全般

全般(142) 皮膚のしくみ(123)
毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
部位の名称(36) 法律・基準(133)
組織・団体(31) 資格(6)
海外(20)

原料・中身

成分(222) 技術・処方(88)
機能・効果(49) 使い心地(31)
色・質感(38) 剤型(16)
評価・試験(56)

マーケティング

商品開発(54) 調査(39)
表示(88) 施策(3)
マーケティング(37)

製品カテゴリー

スキンケア(123) ベースメイク(83)
ポイントメイク(56) UVケア(37)
ボディケア(10) ヘアケア(65)
フレグランス(49) ネイル(26)
用具(21) 健康食品(22)
その他(8)

生産・流通

製造・生産(76) 物流・流通(65)
輸出入(22)

営業・販売

接客(39) 販促(39)
販売(85) 店舗・売り場(77)

肌悩み・効果別

美白(7) アンチエイジング(13)
うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
日焼け(10) シミ・メラニン(29)
くま・くすみ(8) ニキビ(18)
毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
肌状態・タイプ(66) 紫外線(32)
美容施設・クリニック(16)

材料・外装

容器(101) パッケージ(47)
その他(20)

広告・宣伝

広告・宣伝(31) 広報・PR(22)

新しいコスメ用語

新語(2)
当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.