化粧品の品質特性の意味

化粧品の品質特性【ケショウヒンノヒンシツトクセイ】
 
ホーム  > 全般 > 全般
<用語解説>
化粧品の品質特性とは
化粧品を企画・開発、製造、販売する上で持ち合わせているべきとされる特性のこと。良い化粧品であるための最低限の条件。
もっと詳しい「化粧品の品質特性」
あくまでもその化粧品の良し悪しは消費者が決めるものの、企業側として欠かしてはならない非常に重要な特性が品質特性です。
具体的には、化粧品は安全性安定性使用性有用性嗜好性の5点に優れていることが条件と言われ、この5点が化粧品の品質特性です。嗜好性を使用性に含めて捉え、安全性、安定性、使用性、有用性の4点を化粧品の品質特性とする表現することもあります。
安全性と安定性は全ての化粧品が必ず持っていなければならない特性であることから必要品質と呼ばれます。必要品質が低い場合、その化粧品によるトラブルが発生しやすいので、化粧品会社は様々な厳しい試験を行って安全性と安定性を確認し品質を確保します。
また、使用性、有用性、嗜好性はその化粧品ならではのオリジナル性を表現する特性で魅力品質とも呼ばれます。必要品質に加え魅力品質も大変重要視していることは薬とは異なる化粧品ならではの特長とも言えます。化粧品会社では、機器測定に加え、多くのモニターの協力を得て使い心地や効果、好みなどの確認を行っています。
<全般の関連用語>
  • ジャンボサイズ
  • エフォートレス
  • ステークホルダー
  • 一般品
  • マスマーケティング
  • 製造販売
  • コスパ
  • インディーズブランド
  • 他社品
  • 異業種
  • ジャーニーサイズ
  • プレゼン
  • 二次汚染
  • EC
  • 肌色
  • ラボ
  • 光の干渉作用
  • 新製品
  • 付け替え用
  • FW
  • 半顔
  • 部外品
  • メイク療法
  • サプライヤー
  • ブランドロゴ
  • 新作
  • 中身
  • 用時調整タイプ
  • 安全性
  • 肌トラブル
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(143) 皮膚のしくみ(123)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(134)
    組織・団体(37) 資格(6)
    海外(33) 新語(7)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(48) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(56)

    マーケティング

    商品開発(55) 調査(39)
    表示(91) 施策(3)
    マーケティング(47)

    製品カテゴリー

    スキンケア(123) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(94)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(12)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(44)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(47)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2020 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.