製造物責任法の意味

製造物責任法【せいぞうぶつせきにんほう、Product Liability Act】
 
<用語解説>
製造物責任法とは
製造物責任法とは、製造物の欠陥により人の身体、財産等に被害が生じた場合の製造業者等の損害賠償責任について定めた被害者保護を目的とした法律。英語名のProduct LiabilityからPL法と呼ばれる。
製造物責任法について
製造物責任法は、製造物(製造又は加工されたもの)の欠陥により、人の身体や財産等に被害が生じた場合に、その製品を製造・加工・輸入等した事業者の損害賠償責任について定めた法律です。被害者保護を目的としています。

欠陥とは通常有すべき安全性が欠落していることを指します。その製品が通常に持っているべき安全性を欠いている場合に欠陥があると判断され、安全性に関わらない品質上の不具合は欠陥と判断されません。

製造物には、エステや美容などのサービスや建物などの不動産、加工されていない農林水産物、ソフトウェアなどの無体物は含みません。

製造物責任法のもとでは、製造業者の故意や過失を証明せずとも、被害者が損害の発生、その製品の欠陥の存在、欠陥と損害の因果関係を立証すれば、製造業者等の過失有無に関係なく損害賠償責任を問うことができます。

例えば、ある化粧品を使用して皮膚に障害を負い、化粧品メーカーに対し損害賠償請求をした場合、製品使用と皮膚障害との因果関係や、製品表示における指示・警告の欠陥の有無などが訴訟の論点になると考えられます。
<法律・基準の関連用語>
  • 厚生労働大臣が指定する..
  • 人体に対する作用が緩和..
  • 材質表示
  • ISO 26000
  • 販売名称
  • 申請名称
  • ブロードスペクトラム
  • 法定色素
  • 識別マーク
  • 化粧品基準
  • USDA
  • PA
  • 公正競争規約
  • 発売元表示
  • ドシエ
  • オーガニック指数
  • ISIC
  • CoC認証
  • 旧薬事法
  • 有機合成色素
  • 化粧品原料基準
  • 景表法
  • UVAマーク
  • GMP
  • PL法
  • 化粧品品質基準
  • 医薬品、医療機器等の品..
  • 薬監証明
  • 表示指定成分
  • 旧薬監証明
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 環境(14)
    皮膚のしくみ(129) 毛髪のしくみ(27)
    爪のしくみ(17) 部位の名称(38)
    法律・基準(142) 組織・団体(50)
    資格(6) 海外(40)
    新語(17)

    原料・中身

    成分(237) 技術・処方(91)
    機能・効果(50) 使い心地(31)
    色・質感(41) 剤型(16)
    評価・試験(60)

    マーケティング

    企画開発(56) 調査(39)
    表示(101) 施策(3)
    マーケティング(50)

    製品カテゴリー

    洗浄料(4) スキンケア(126)
    ベースメイク(89) ポイントメイク(59)
    UVケア(39) ボディケア(10)
    ヘアケア(66) フレグランス(49)
    ネイル(26) 雑貨(21)
    健康食品(22) その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(82) 物流・流通(65)
    輸出入(25)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(91) 店舗・売り場(107)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(30)
    くま・くすみ(8) ニキビ(19)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(42)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(4) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(6)
    美容クリニック・美容施設(12) その他(4)

    材料・外装

    容器(113) パッケージ(59)
    その他(25)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(40) 広報・PR(23)
    印刷(15)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介  |  事例早引き
    Copyright(C) 2022 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.