化粧品等の適正広告ガイドラインの意味

化粧品等の適正広告ガイドライン【ケショウヒントウノテキセイコウコクガイドライン】
 
<用語解説>
化粧品等の適正広告ガイドラインとは
化粧品等の適正広告ガイドラインとは、化粧品と医薬部外品の広告表現がより適正に実施されることを目的とし、日本化粧品工業連合会が自主基準として作成、発行しているガイドラインのこと。
化粧品等の適正広告ガイドラインについて
化粧品等の適正広告ガイドラインは、粧工連によって2008年3月に初めて発行され、それ以降薬事法(薬機法)の改定などを踏まえて更新されています。

2008年版 第1版(2008年3月発行)
2008年版 第2版(2008年5月発行)
2012年版 第1版(2012年6月発行)
2017年版 第1版(2017年5月発行)
2017年版 第2版(2017年8月発行)
2020年版 第1版(2020年3月発行)
2020年版 第2版(2020年6月発行)

現在(2020年6月16日現在)は、2020年6月15日に発行された2020年版 第2版が最新となります。

化粧品等の適正広告ガイドラインには、「医薬品医療機器等法(薬事法)」や「医薬品等適正広告基準」などに準じながら、化粧品と医薬部外品の訴求や宣伝表現などにおいて自主的に順守すべきことがまとめられています。化粧品に関わる団体・個人が広告表現を行う際の指針となるものです。

業界自主基準とは言え、医薬品医療機器等法に基づく医薬品等適正広告基準をより化粧品に集中してとりまとめた存在であるため、多くの企業が順守すべきと捉えているガイドラインです。
<法律・基準の関連用語>
  • CoC認証
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • ノープリントプライス
  • 一般用医薬品
  • INCI名
  • 化粧品の小分け販売
  • 使用期限
  • 薬用化粧品
  • ポジティブリスト
  • 数値訴求
  • 愛称
  • 3Rの原則
  • 一般化粧品
  • OTC
  • 資源有効利用促進法
  • ISO 22716
  • 種類別名称
  • 旧表示指定成分
  • 日本薬局方
  • 許可色素
  • 公競規
  • May Contain
  • 再商品化
  • 含薬化粧品
  • 法定色素
  • UPF
  • 医薬品等適正広告基準
  • 特記表示
  • 化粧品原料基準
  • 化粧品等のインターネッ..
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(146) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(136)
    組織・団体(43) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(226) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(96) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(50)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(7)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.