May Containの意味

May Contain【メイコンテイン、May Contain】
 
<用語解説>
May Contain とは
May Containとは、特定する成分が含まれているかもしれないということ。
通常、化粧品でMay Containというと、着色剤に関して表現しており「ある着色剤が含まれているかもしれない」ということを意味する。
May Contain 制度について
May Contain制度は、主にメイクアップ化粧品で使用される制度です。

口紅アイシャドウなどは、複数の色違いを展開することが一般的です。それらは、色や質感、色番号が異なりますが、製品名も製品特長もパッケージも同じで、基本的な処方も成分も同じす。違うのは基本的に着色剤の種類です。

こうした製品の場合はシリーズとみなされ、May Contain制度によってシリーズ共通、つまり全色共通の全成分表示を行うことができます。具体的には、色番号によって入っていたり入っていなかったりする着色剤の前に[+/-]の記号を記載([+/-]の[ ]も表示)することで、全色番号共通の全成分表示にします。色番号毎に[+/-}のついた着色剤が配合されているかもしれないし、配合されていないかもしれない、という意味になります。

May Contain成分が複数ある場合は、[+/-]をつけた後に該当する着色剤を表示します。着色剤ごとに[+/-]を付ける必要はありません。

企業にとっては、例えば20色の色味がある口紅について、着色剤を除けば同じ成分表示であるのに、着色剤のためだけに20種類の全成分表示を作成する手間や、それによるミスを防げます。

特定の色番号に対して、配合有無を確実に知りたい場合は、メーカーに問い合わせれば教えてもらえます。ホームページでは、May Containとせず、色調毎にそれぞれ異なる全成分表示を実施しているケースも多いです。
<法律・基準の関連用語>
  • 含薬化粧品
  • 製造業
  • ポジティブリスト
  • 景表法
  • 医薬部外品
  • 愛称
  • INCI名
  • UPF
  • 配合禁止成分リスト
  • 化粧品等の適正広告ガイ..
  • 有効成分リスト
  • 粧原基
  • 薬事
  • 旧薬事法
  • 法定色素
  • 一般用医薬品
  • 種類別名称
  • 薬事申請
  • 薬機法
  • 人体に対する作用が緩和..
  • 有機合成色素
  • 販売名
  • JIS
  • 化粧品の効能効果の範囲
  • 法定表示
  • 化粧品GMP
  • 再商品化義務
  • 医療用医薬品
  • 景品表示法
  • 材質表示
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(138) 皮膚のしくみ(121)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(36) 法律・基準(125)
    組織・団体(28) 資格(6)
    海外(18)

    原料・中身

    成分(222) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(38) 剤型(16)
    評価・試験(54)

    マーケティング

    商品開発(54) 調査(29)
    表示(86) 施策(3)
    マーケティング(32)

    製品カテゴリー

    スキンケア(120) ベースメイク(80)
    ポイントメイク(53) UVケア(37)
    ボディケア(10) ヘアケア(57)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    用具(18) 健康食品(21)
    その他(7)

    生産・流通

    製造・生産(75) 物流・流通(61)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(36) 販促(39)
    販売(82) 店舗・売り場(77)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(10) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(46)
    肌状態・タイプ(66) 紫外線(27)
    美容施設・クリニック(16)

    材料・外装

    容器(93) パッケージ(40)
    その他(15)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(31) 広報・PR(22)
    当サイトに関して  |  お問合せ  |  会社紹介
    Copyright(C) 2019 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.