エモリエントの意味

エモリエント【emollient】
 
<用語解説>
エモリエントとは
エモリエントとは、肌や髪の表面で水分蒸発を防いでうるおいを保ち、柔軟にすること。
肌のエモリエントについて
皮脂膜には、肌表面で水分蒸散を防ぎ、肌を柔軟にするという役割がありますが、その役割こそがエモリエントです。その皮脂の役割を補うのが、乳液クリームなど油性成分を配合した化粧品です。油性成分が皮膚表面で膜となって水分蒸散を防ぎ、うるおいを保つ効果を発揮します。

肌のうるおいに関しては、「エモリエント」以外に「保湿」や「モイスチャー 」などの言葉も同じ意味で使われることがよくあります。それらの区別があいまいになりがちですが、「エモリエント」は英語で皮膚を柔軟にすることを意味するemollientから来ています。

エモリエントとは、皮膚表面の油性成分によって、皮膚からの水分蒸散を防止し、皮膚を柔軟にすることを言うのに対し、「保湿」とは文字通り肌の湿度を保つことを指し、具体的にはモイスチャーバランスを良好に保つというエモリエントも含んだ全体的な仕組みのことです。保湿するために、皮膚に水分を補いかつ補った水分を保持するという全体的な仕組みの中で、エモリエントは皮膚表面からの水分蒸散を抑えることで、肌の保湿に貢献します。

エモリエント効果のある化粧品成分をエモリエント剤やエモリエント成分と呼びます。
「モイスチャー」は英語で湿気や水分を意味するmoistureのことで、保湿とほぼ同義語です。
<機能・効果の関連用語>
  • 保健効果
  • 脱脂
  • 二次付着レス
  • EMS
  • UVAロゴ
  • 成分評価試験
  • ポアレス
  • 抗乾燥
  • 有用性試験
  • 制汗
  • 肌ベネフィット
  • マルチパーパス
  • 防御
  • 有用性
  • ロングラスティング
  • SPF
  • PA
  • 効能効果
  • 化粧もち
  • 抗酸化
  • 物理的効果
  • 薬理的効果
  • 撥水
  • ウォーターレジスタント
  • 耐水性
  • 転相
  • プルーフデータ
  • UVAマーク
  • ビフォーアフター
  • 専門パネラー
  • もっと見る
    用語のカテゴリー

    全般

    全般(145) 皮膚のしくみ(127)
    毛髪のしくみ(27) 爪のしくみ(17)
    部位の名称(37) 法律・基準(136)
    組織・団体(41) 資格(6)
    海外(33) 新語(8)

    原料・中身

    成分(226) 技術・処方(88)
    機能・効果(49) 使い心地(31)
    色・質感(39) 剤型(16)
    評価・試験(59)

    マーケティング

    商品開発(56) 調査(39)
    表示(95) 施策(3)
    マーケティング(49)

    製品カテゴリー

    スキンケア(124) ベースメイク(83)
    ポイントメイク(56) UVケア(38)
    ボディケア(10) ヘアケア(65)
    フレグランス(49) ネイル(26)
    雑貨(21) 健康食品(22)
    その他(8)

    生産・流通

    製造・生産(76) 物流・流通(65)
    輸出入(22)

    営業・販売

    接客(40) 販促(40)
    販売(89) 店舗・売り場(95)

    肌悩み・効果別

    美白(7) アンチエイジング(13)
    うるおい(10) 乾燥・肌荒れ(8)
    日焼け(12) シミ・メラニン(29)
    くま・くすみ(8) ニキビ(18)
    毛穴・皮脂(19) その他の肌トラブル(45)
    肌状態・タイプ(67) 紫外線(40)

    手入れ法・施術

    フェイシャル(2) ボディ(2)
    ネイル(0) ヘア(5)
    美容クリニック・美容施設(10) その他(4)

    材料・外装

    容器(101) パッケージ(50)
    その他(20)

    広告・宣伝

    広告・宣伝(33) 広報・PR(22)
    印刷(7)
    当サイトのご利用に関して  |  お問合せ  |  サイトと会社の紹介
    Copyright(C) 2021 cosmeconcier.jp All Rights Reserved.